看護部の教育制度
看護部の教育体系
新卒プログラム
レベルアップ教育プログラム
新卒教育プログラム

アソシエートナースとしての基礎を確立するために卒後すぐに取り組みます。

新卒教育プログラム

「平成27年度看護部新人看護職研修計画」はこちら

「新卒教育」計画表
クリニカルラダーの目的(臨床実践能力段階別到達目標)

看護師の臨床実験に必要な能力を段階的に表わし評価することで、
 看護師の育成状況を把握・分析することができる。

効果的な人材育成の指標としキャリア開発を支援することができる。

クリニカルラダーレベル2~4(PDF:133KB)

「クリニカルラダーレベルⅠ~Ⅳ」は、下記のPDFファイルをご覧ください。
 クリニカルラダーレベルⅠ~Ⅳ(PDF:133KB)

看護実践能力の構成要素
構成要素(求められる能力)
看護サービス実践
能力
患者の状況に応じた看護サービスの提供
知識と正確な技術による看護実践能力
マネジメント
能力
看護サービスを提供するために必要な能力
看護実践に必要な管理能力
対人関係
能力
医療・看護におけるコミュニケーション能力
看護実践に必要な管理能力
教育・研究
能力
看護サービス向上のための
自己開発、研究能力

キーワード

・知識(科学的根拠)
・技術
・態度、倫理
・リーダーシップ
・看護管理
・経営管理
・コミュニケーション
・対応マナー
・調整能力
・自己開発
・研究
・後輩学生指導
レベルアップ教育プログラム

認定看護師をめざすレベルアップ教育プログラム専門コースに取り組みます。

レベルアップ教育プログラム

「平成27年度看護部レベル別研修(Ⅰ~Ⅳ)」はこちら

看護部レベル別研修
レベルの考え方(ベナー弁護論より、本院のレベル別対象)
第1段階
「初心者・新人レベル」
レベル1「卒後1年目」
第2段階
「一人前レベル」
レベル2「卒後2・3年目」
第3段階
「中堅者レベル」
レベル3「卒後4~6年目」
第4段階
「達人レベル」
レベル4「卒後7年以上」

・スペシャリストコース

認定看護師の育成
専門看護師の育成

・リサーチコース

教育実践者の育成

マネージメントコース(看護管理者)

看護係長
看護課長
看護副部長

管理レベル1 看護係長

管理レベル2 看護課長

管理レベル3 看護副部長