滋賀県済生会看護専門学校

ご挨拶

  1. 看護学校トップ
  2. ご挨拶

ご挨拶

学校長写真滋賀県済生会看護専門学校
学校長 杉本 徹

 本校は、国道1号線と8号線の分岐点と名神栗東インターチェンジに位置する交通の要所に立地しています。また近江富士として親しまれている三上山が近くにそびえ、周囲は田園地帯が広がるのどかな環境で一般教養や看護技術を学ぶことができる看護専門学校です。

 社会は団塊の世代が75歳以上となる2025年問題を見据え、医療・介護・福祉の一層の充実に向かっています。医療だけではなく看護の分野においても「質」が求められています。 看護師数も大切ではありますが、「質の高い看護師」が求められ、本校も「質の高い看護師の育成」に日々努力しています。

 看護第1学科においては3年間、看護第2学科においては2年間の短期間に一人前の看護師を目指すには、夢を目指す強い気持ちと努力の継続が大切と考えます。

 夢の実現に向けて「やる気のある学生」の方々の入学を教職員一同お待ちしております。

1. 本校の沿革

 本校は、済生会滋賀県病院(1937年開設)が創立30周年を迎える1967年に開校されました。幾度かの変遷を経て1996年より看護第1学科3年課程と看護第2学科2年課程を併設し、現在まで約1,800名の優秀な看護師を輩出してきました。

2. 看護師育成の社会的必要性

 人口の4人に1人が75歳以上の後期高齢者となる2025年には看護師の不足が一層顕著になります。しかし医療現場においては質の向上が求められ、今後ますます人間性豊かな質の高い看護師の育成が必要です。

3. 本校の教育の特徴
  1. ① 田園地帯に位置し、静かな学習環境である。
  2. ② 滋賀県済生会各施設(済生会滋賀県病院、特別養護老人ホーム淡海荘、介護老人保健施設ケアポート栗東が隣接しており、滋賀県済生会訪問看護ステーションやその他の実習施設も栗東市をはじめ、近隣に位置しています。
  3. ③ 済生会西ブロック災害救護訓練(看護第1学科2年次)、全国済生会看護研究発表会(看護第1学科3年次)に参加することにより、様々な学びと他の済生会看護学生との交流の場があります。
  4. ④ 済生会滋賀県病院は滋賀全県と京都府南部をカバーするドクターヘリの基地となりました(平成27年4月)。ドクターヘリと「救急の最前線で活躍するフライトナース」の最新情報も講義します。
4. 充実した学校生活を送るための施策
  1. ① 臨床心理士によるメンタルケア「こころの相談室」を開設(平成23年6月)
  2. ② 済生会滋賀県病院への就職率向上
  3. ③ 済生会滋賀県病院への就職の希望者に奨学金の貸与額増額(平成23年4月)
  4. ④ 卒業後一定期間勤務し、看護大学への編入、助産師資格取得の奨学金制度の検討