当院救命救急センターは救急集中治療科医師を中心にドクターカー、ドクターヘリによるプレホスピタルから集中治療まで全科をあげて救急患者の対応に当たっています。
滋賀県湖南地域の基幹病院として、病院全体で救急医療に取り組んでいます。
毎月第2土曜日にドクターヘリ(KANSAI・ゆりかもめ)見学会を開催しています。
詳しくはコチラをご確認ください。
救命救急センター長
救命救急センター長 兼 救急集中治療科部長 塩見 直人(しおみ なおと)

 当センターは平成8年4月に3次救命救急センターの指定を受け開設されました。平成20年4月に救急科を新設し、33万人が暮らす滋賀県湖南地域における救急医療の最期の砦として、救急車を100%受け入れる体制を目指してきました。 平成23年にドクターカーを導入、平成27年4月からは滋賀県全域・京都府南部を運航範囲とする京滋ドクターヘリの基地病院としてプレホスピタルに力を入れた救急診療を実践しています。

 開設時から救急診療中心の体制が整備されており、現在では救急集中治療科の医師を中心に、各診療科および各職種のスタッフが一丸となって働いています。救急車以外で来院される患者さんに対しては、救急部看護師によるトリアージを行っています。トリアージは災害時に行う緊急度、重症度判定を参考にしたもので、救急患者さんのセンターでの診療適応および優先順位を判断しています。それによって緊急性、重症度が低い患者さんは外来もしくは開業医の先生にお願いすることもあります。当センターは、「重症患者は必ず受け入れる」というスローガンのもと、プレホスピタルから集中治療までシームレスなチーム医療を行っています。

診療体制

滋賀県湖南地域で唯一の3次救命救急センターとして、あらゆる救急患者さんに対応できる体制を整えています。

詳細を確認する

診療実績

当救命救急センターの2012年〜2014年の診療実績を掲載しています。(2014年度「救急患者総数」25,000例)

詳細を確認する

ドクターヘリ

ドクターヘリ

医師・看護師が搭乗して救急現場に出動し、患者さんの治療を行いながら医療機関に搬送するヘリコプター。

詳細を確認する

ドクターカー

ドクターカー

医師・看護師・救急救命士などをいち早く救急現場に派遣し、現場で救命処置を施すことができる車両です。

詳細を確認する

院内トリアージ

院内トリアージ

徒歩で救命救急センターを受診された患者さん(Walk-in患者)に対して救急部看護師が救急トリアージを行います。

詳細を確認する

災害医療

災害医療

滋賀県の災害拠点病院として、災害時には傷病者の受け入れ等、被災者の医療救護活動の中心的な役割を担います。

詳細を確認する

業績

業 績

学会発表など当救命救急センターの業績一覧を掲載しています。
 

詳細を確認する

リクルート

リクルート

当救命救急センターの採用に関する情報を掲載しています。
 

詳細を確認する

Copyright(c) Saiseikai Shigaken Hospital All rights reserved.