リクルート Recruit
 
救命救急副センター長 兼 救急集中治療科部長 塩見 直人(しおみ なおと)
塩見 直人
救命救急センター 兼 救急集中治療科部長
『救急医を目指す皆さんへ』
不慮の事故で亡くなる命を救いたいというのが、救急医を目指した動機でした。

 不慮の事故で亡くなる命を救いたいというのが、救急医を目指した動機でした。小学生の頃、私の生まれ育った町では交通事故に遭っても受け入れ病院がなく、遠くの病院まで搬送している間に患者が亡くなるという事態を何度も経験しました。医師になってから頭部外傷を専門にしたのは、小さい頃の経験が影響しています。

 私が研修医の頃には、現在のような臨床研修制度はなく、救急患者の診療・処置は院内各科の先輩医師に教えてもらって習得しました。研修医への指導方針は、その時の経験をベースにしており、様々な科と連携が取りやすい体制整備を行ってきました。初期診療を行う救急科だけで完結する救急患者は少なく、救急医に求められるのは各科との連携です。当院では院内各科との垣根が低く、他科の医師から多くのことが学べる環境にあります。

 一人前の救急医になるにはどうすればいいのか? なるべく自分の考え方で、多くの患者を診療できる環境が必要ではないかと考えています。「それぞれが自分の考えをもって患者に接する」当科ではこの点を重要視しています。言い方を替えると「チーム医療」であると同時に、主治医の裁量を大事にするということです。一人前の救急医になるために、当科は他の施設にない環境を提供できると自負しています。

救急集中治療科(集中治療科)部長 越後 整 (えちご ただし)
越後 整
救急集中治療科(集中治療科)部長
『集中治療医を目指す皆さんへ』
救急集中治療科は、ERを主とする救急科とICUを主とする集中治療科で役割を分担しています。

 救急集中治療科は、ERを主とする救急科とICUを主とする集中治療科で役割を分担しています。私はICU責任者として、集中治療を専門としています。

 当院はドクターカー、ドクターヘリといったprehospitalの充実により、重症患者が多数搬入されます。当然集中治療を要する患者も多く、ショック、多発外傷、重症感染症、ARDS、熱傷、中毒など扱う疾患は多岐にわたります。それら1例1例に向き合い、幅広い知識と様々な薬剤、最新の医療資機材を駆使して、根気よく患者に寄り添う姿勢が、集中治療医に最も求められることと考えています。

 重症患者を扱う為、どうしても助けられない命もあります。ご家族の悲しみの中、自分の無力さを痛感し、どうすれば助けられたのか、悩み苦しむこともあります。その反面、致命的な状態で搬入された患者さんが、元気な姿で退院される時ほど喜ばしいことはありません。

 ここ数十年で医療は飛躍的な発展を遂げました。それでもまだまだ分からないことは多く、治療に100%の正解はありません。毎朝、患者さんに触れ、丁寧に身体所見をとる、これを繰り返し、答えを導き出すことが集中治療の本幹と考えています。

 幅広い知識を学びながら、患者に寄り添う集中治療を一緒に目指しましょう。

救急集中治療科医長(小児救急担当) 野澤 正寛 (のざわ まさひろ)
野澤 正寛
救急集中治療科医長(小児救急担当)
『小児救急に興味のある方へ』
当救命救急センターには小児救急部門があるのも大きな特徴の一つです。

 当救命救急センターには小児救急部門があるのも大きな特徴の一つです。

 当院に受診される子供たちだけでなく県域全ての緊急性の高い重篤な小児に迅速に対応できるように小児救急専門医が常駐しています。滋賀県は全国で2番目に子どもの人口割合が多い(14.9%)県です。県が抱えている20万人もの子どもたちと周りの大人の笑顔を絶やさないために、一人でも多くの重篤な子どもを笑顔にできるように一緒に頑張っていただける方を募集しています。

 当センターの小児救急部門では、以下の4つを大きな柱として診療を行っています。

1. 小児のプレホスピタル診療
当センターではドクターヘリとドクターカーの運用を行なっており、小児の病院前診療を積極的に行っています。平成26年度はドクターカーで出動した615例中132例(21.5%)が小児例であり、痙攣重積やアナフィラキシーショック、交通外傷などを現場で診療しています。(ドクターヘリは平成27年4月より運航開始。) またドクターカーでの活動は当院小児科の協力も得て、できるだけ多くの「子どもの専門家」が病院前で子どもに関われるような体制を整えています。
2. ドクターヘリによる迅速な他病院への診療支援と搬送医療の実践
平成27年4月より当院でドクターヘリ運航が開始されたことにより、これまでの医療圏を超えて3次小児救急医療を実践できるようになりました。内因系、外因系を問わず救命救急医療を必要とする子どもたちが受診した病院から要請を受けて、ドクターヘリで迅速に小児救急医を派遣し要請病院のスタッフの方とともに小児救命救急診療に携わります。その後、近隣の小児集中治療を行う施設へ安全に搬送を行うための医療を行います。
3. ER型救命救急センターに常駐し成人救急の診療経験を担保
小児救急診療を行う上では救命救急的技術は欠かせません。しかし、小児のみの診療経験数では診療技術を維持することは困難であり、成人救急で経験数を維持しておく必要があります。当部門では小児事案の発生していない時間は救命救急センターのスタッフとして診療に携わります。当センターはER型の救命救急センターであり年間22696人の受診と6124台(小児の救急車搬入数 内因系 214人、外因系493人)の救急車搬入があります。十分な経験数を維持することが可能です。
4. 救急科専門医取得の支援
小児救急診療を実践する上では子供の成長と発達、生理学的特徴に加え、小児特有の疾患や病態生理、周りの大人への対応といった小児科学の専門性を求められます。一方で蘇生学や呼吸循環の安定化、外傷学を含めた救急科としての専門性も同時に求められます。当部門では豊富な症例数を背景に、小児科専門医資格を持つ方にも小児救急診療に携わりながら、救急科専門医を取得していただけるよう支援させていただきます。

 

小児救急部門 お問い合わせ
担当: 野澤 正寛
nozawa-m@saiseikai-shiga.jp

救急集中治療科医長 岡田 美知子(おかだ みちこ)
岡田 美知子
救急集中治療科医長
『救急医を目指す方々へ』
私は医師となり10年が経過しようとしています。

 私は医師となり10年が経過しようとしています。

 初期研修終了時期に専門を選択する際にとても悩みました。どの専門性も医療には不可欠であり、充実した仕事になることは初期研修にて学んでいたため、選択することが難しく感じました。

 ただ、どの科を選択することになっても患者さんの診察には応じられるように初期対応と、全身管理はできるようにならないといけないと思い、救急を選択しました。

 当院での救急科の活動としてはドクターヘリ、ドクターカーのプレホスピタルが充実していること、救急車搬入数が6,000台を超えており、症例も豊富であること、またwalk-inの時間外患者対応も救急にて行っています。 救急センターでの初期対応のみでなく、入院患者の主治医もしており、退院調整までの経過も行います。

 さらに救急集中治療科として集中治療を要する方の診療も行っているため、特殊な技術を要する専門性は少なくとも、「救急集中治療医」としての専門の必要性を高く感じながら仕事をしています。

 日常業務の他には災害医療も盛んで医師は全員DMAT隊員です。災害訓練を年に1回救急集中治療科主導で開催し、また脳死下臓器移植も経験しています。

 中規模病院ではありながら、プレホスピタルから初療、集中治療を経て退院まで一貫して学ぶことができます。百聞は一見にしかず、まずは見学から来ていただけたらと思います。

救急集中治療科医長 加藤 文崇(かとう ふみたか)
加藤 文崇
救急集中治療科医長
『救急医を目指す皆さんへ』
目の前の患者に対して何ができるか。救急医にはそれがより問われています。

 目の前の患者に対して何ができるか。救急医にはそれがより問われています。急を要するのか、待っても大丈夫かの判断に始まり、すぐに処置が必要であれば、その処置ができる技量が必要となります。当院の研修では、自分しかいない状況でも重症患者を救える知識と技量が身につきます。

 一方で、救急診療を行う上で他科との協力は必要不可欠です。この病院で初期研修を終了された先生を始めとして、他科の先生はとても協力的です。 病院前から集中治療まで、急性期、重症対応のプロとして一緒に働ける人をお待ちしております。

救急集中治療科医長 平泉 志保(ひらいずみ しほ)
平泉 志保
救急集中治療科医長
『熱い気持ちを持って救急を志す若い先生方へ』
生きている限りいつかそれに終りが来ることは誰にとっても平等に訪れる運命です。

 生きている限りいつかそれに終りが来ることは誰にとっても平等に訪れる運命です。医療がどれほど進歩してもそれは避けがたい事実であり、ひとが死に完全に打ち克つことはないのです。このようなことを考えながら救急に従事するのは人からみれば冒涜的かもしれません。しかし私自身は医師の仕事は救命だけではなく、死の瞬間、ご本人とご家族がどう向き合うか、どう受け入れていただくかそれをサポートすることも救命に並ぶ重要な使命であると初期研修医の頃から考えていました。

 もちろん救命のために力を尽くすのは大前提です。当院ではH23年より医療の早期介入のためにドクターカー事業を行い、私自身、開始当初から乗務員として参加しています。病院前診療は院内よりもより迅速で高度な判断を求められる場面が多いですが、学年の若いうちからも責任ある仕事を与えられるのが当院の救急科のスタンスであり、そういった負荷が勉強に励む原動力となっています。

 また研修も自由度が高く、現在、私は脳外科で半年間勉強させていただいています。救急センターで減圧術を行う技術を身につけること、重症頭部外傷の全身管理ができるようになることを目標としています。多施設での研修も可能で、わたしは離島に行かせていただき限られた医療資源の中で最良のパフォーマンスを行うために知恵の限りを尽くす貴重な経験をさせていただきました。できる限り希望にのっとった研修をさせていただける環境です。

 そうやって日々研鑽し臨床で還元していく中で、しかし時にどれだけ力を尽くしても良い結果を得られなかった患者さんに遭遇します。救急現場は医療者にとっても患者、家族にとっても展開がめまぐるしく生死の分岐点に立ち会うことが多く、だからこそ救命も死の瞬間にもプロとして、人として関わっていきたいと考えています。それが人に、命に寄り添った医療ではないかと思います。初期研修医の頃にそうやって患者と向き合う先生方を見て当施設での研修を決めました。熱い気持ちを持って救急を志す若い先生方、ぜひ当院で一緒に頑張りましょう。

    

リクルート情報

>『診療実績』はこちら

トリアージ写真01

> 済生会滋賀県病院 『滋賀おうみ』 救急科専門研修プログラム(PDF:1.2MB)

<< 募集要項 >>

■応募資格 ●医師法に定める2年間の前期臨床研修を修了した医師、もしくは修了見込みの医師      
      ●今後、救急専門医・集中治療専門医を目指す医師
■募集定員 若干名
■研修期間 原則3年間であるが、希望によりさらに2年間の高度専門研修も可能
> その他、募集要項等の詳細はこちら『後期臨床研修』


<< 問い合わせ先 >>

■事務部 人事課
■TEL: 077-552-1221
■FAX: 077-553-8259
■E-mail jinji@saiseikai-shiga.jp

Copyright(c) Saiseikai Shigaken Hospital All rights reserved.