診療科・部門

形成外科

形成外科とは

形成外科とは、身体に生じた組織の異常や変形、欠損、あるいは整容的な不満足に対して、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し、機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、みなさまの生活の質 "Quality of Life" の向上に貢献する、外科系の専門領域です。

 

当科の特徴

一人ひとりの症状に応じて適切な治療を行っております

形成外科で取り扱う疾患は、患者様それぞれに応じて症状などが少しずつ異なることが多く、一人ひとりに適切な治療を選択していく必要があります。我々はそのような様々な症例に対して、それぞれに適切な治療法を選択させていただき、患者様のQOLの向上に寄与することを目的としております。

 

主にこんな症状の方を診察しています

  • 顔の傷や骨折
  • 皮膚の腫瘍(できもの)
  • なかなか治らない傷
  • きずあと、ケロイド など

 

主にこんな病気を診察しています

  • 顔面外傷
  • 部組織損傷
  • 顔面骨骨折
  • 熱傷
  • 体表の先天性疾患
  • 耳介の変形
  • 手足の先天性疾患(多指症、合指症など)
  • 皮膚・皮下腫瘍
  • 手足の外傷
  • 瘢痕・ケロイド
  • 悪性腫瘍切除後の組織欠損
  • 顔面神経麻痺
  • 眼瞼下垂など