SSH SPCSaiseikai Shiga Hospital Spine Center
HOME

脊椎疾患の低侵襲手術

 

1.頚部脊髄症・頚椎後縦靭帯骨化症に対する選択的椎弓切除術(白石法)

白石健医師(skip-spine.com)によって開発された低侵襲頚椎手術です。その方法は、手術用顕微鏡で観察しながら、頚椎の隣り合った筋肉と筋肉の隙間を広げ、その間隙からハイスピードドリルを用いて筋肉自体を傷つけずに頚椎の椎弓を切除することによって、脊髄の圧迫を解除します。傷の痛みが少なく回復も早いので、早期離床・リハビリが可能で、社会復帰も従来法より早くなりました。

 

頸部脊髄症に対する選択的椎弓切除術

頸部脊髄症に対する選択的椎弓切除術

2.腰椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡下ヘルニア摘出術(MED法)

皮膚に約2㎝の切開を加えて細い内視鏡カメラと手術器械を挿入し、テレビモニターで観察しながら神経を圧迫しているヘルニアを摘出する方法です。ヘルニアの内視鏡手術は、ヘルニアの高位、脊椎変形の程度を考慮して患者さんにとってメリットが大きい場合にお勧めしています。従来の方法より腰背筋へのダメージが少ないため術後の痛みが少なく、早期に社会復帰が可能となる利点があります。

 

内視鏡によるヘルニア摘出術

内視鏡によるヘルニア摘出術

3.腰部脊柱管狭窄症に対する筋肉温存型椎弓間除圧術(MILD法) 

手術用顕微鏡で観察しながら、ハイスピードドリルを用いて棘突起の一部と腰椎椎弓をトランペット状に削ることによって脊柱管を拡大し、神経組織の圧迫を取り除く方法です。従来法と違って棘突起・椎弓から腰背筋を剥がすことなく、また腰椎間の関節を傷めることが少ないので、術後の創部の痛みも軽く、早期に離床して歩行が可能となり、2週間程度のリハビリを終了して退院が可能となります。

 

筋肉温存型腰椎椎弓間除圧術(MILD法)

筋肉温存型腰椎椎弓間除圧術(MILD法)

 腰部脊柱管狭窄症に対するMILD法 前・後のMRI

腰部脊柱管狭窄症に対するMILD法 前・後のMRI

4.腰椎すべり症・脊椎後弯・側弯症(成人脊椎変形)に対する側方進入椎体固定術
(LLIF;OLIF®、XLIF®)

高齢になると椎間板が潰れたり、椎間関節が変形したり、また背骨を支える筋肉(脊柱起立筋)が弱ったりして、その結果脊椎の配列が乱れて極端な後弯(円背)、側弯(横曲がり)が生じることがあります。また脊髄神経が入っている脊柱管が狭くなって、脚のしびれや痛みを生じることがあります。そうなると慢性的な腰痛や下肢痛が生じ、また姿勢不良のため日常生活に大きな支障が生じてお困りの患者さんも増えてきました。従来の脊椎変性を矯正する方法は、患者さんへの負担が大きく、あまり広まってはいませんでしたが、近年比較的手術侵襲が少ない矯正手術が行われるようになりました。これは、脊椎の側方(横腹)から小さい切開で椎間板にスペーサーを設置し、さらに後方から経皮的(皮膚を小さく切開するが筋肉は直接に切開しない方法)に金属スクリューを挿入して変形を矯正する方法です。

 

 側方進入椎体固定のシェーマ

側方進入椎体固定のシェーマ

側方進入椎体固定術

側方進入椎体固定術

5.脊椎骨粗鬆症性圧迫骨折・偽関節に対するバルーン椎体形成術(BKP)

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは、骨量と骨質が低下して骨の強度が弱くなり、骨折が起こりやすくなった状態と定義されます。特に高齢の女性においては女性ホルモンの低下により骨粗鬆症になりやすく、ごく軽微な外傷でも脊椎の圧迫骨折を起こすことがあります。
脊椎圧迫骨折の治療の原則は、ギプス固定やコルセット装着など保存的治療ですが、骨折が治癒せず(偽関節)、背骨が曲がって痛みが強く、日常生活に支障が大きい場合、骨折した脊椎骨に骨セメントを注入して骨折部を固める方法があります。このバルーン椎体形成術は低侵襲でかつ手術直後から痛みが緩和される利点がありますが、骨折した脊椎骨の数や形態、患者さんの全身状態により適応可能かどうかの判断が必要となります。 また同時に骨粗鬆症の診断(骨密度検査(図5)、血液・尿検査)および治療を行うことが大切です。

 

  • ①背中から針を刺入し、骨折した椎体への細い経路を作ります。そこへ小さな風船の付いた器具を入れます。
  • ②椎体の中に入れた風船を徐々に膨らませ、つぶれた骨を持ち上げて、できるだけ骨折前の形に戻します。
  • ③風船を抜くと、椎体内に空間ができます。その空間を満たすように、骨セメントを充填します。
  • ④手術は1時間程度で終わり、骨セメントは手術中に固まります。

バルーン椎体形成術のシェーマ

 

バルーン椎体形成術のレントゲン像

バルーン椎体形成術のレントゲン像

 

 

 

 

リンク

※ 整形外科の疾患、外傷およびその治療法につきましては、日本整形外科学会のホームページ(https://www.joa.or.jp/)に詳しく解説されています。

 

サイドナビ