SSH EMCSaiseikai Shiga Hospital Emergency Medical Center
救急救命センター

院内トリアージ

トリアージシステムについて

当院では、歩いて救命救急センター(以下、センター)を受診された患者さん(Walk-in患者)に対して救急部看護師が「救急トリアージ」を行っています。当院独自に作成したトリアージ表を用いて、緊急性および重症度を判定し、患者さんを「赤」「黄」「緑」のいずれかに選別しています。この理由は、救急受診される患者さんの中には軽症の方が多く、時間外の緊急性のない多くの軽症患者の診察によって、重症の救急車例の対応に支障をきたすことを防ぐためです。

3次救命救急センターである当院は、重症患者は断らないという方針のもと、救急車応需率99%以上を維持しています。この体制を継続するためにも、歩いて救急受診される患者さんに対するトリアージは欠かせないものと考えています。

以下に判定基準と判定後の対応を示します。

1. 判定基準

:問診の項目、バイタル(血圧、脈拍、呼吸状態等)に異常があり、直ぐにセンターでの診療が必要と判断した患者。

:緊急性はないが患者の訴えがつよく、看護師がセンターでの診療が必要と判断した患者。

:緊急性はなく、現時点でセンターでの診療が不要と判断した患者。
※しばらく待機は可能であるが、救急センターでの診療が必要と判断した患者は黄と判定する。

2. 判定後の対応

:直ちにセンター処置室に患者を入れ、受付を行うと同時に医師に報告する。

:受付を行い医師に報告する。救急車例または赤患者のあとに診療を行う方針とする。
この場合、30分以内の診療開始を目標とし、それを超える場合は再トリアージを行う。

:救命救急センターでの診察の必要性が低いこと、救命救急センターの役割を説明して、近くの開業医または翌日の外来受診を勧める。この際、救急での診療内容は応急的なものに限られること、内服薬は基本的に1日分しか処方できないことも説明する。最終的に患者さんが 納得しなければセンターで診察する。

サイドナビ