SSH STCSaiseikai Shiga Hospital Stroke Center
HOME

事務副部長・地域医療連携課課長

日置 康志

 

最適な時期に最適の治療を

脳卒中の治療は、一般的に、発症直後の急性期の治療を経て、状態が落ち着いてくれば、リハビリテーション中心の「回復期治療」を行っていくこととなります。 当院では、脳卒中の患者さんがより専門的な回復期の治療にスムーズに移行していただくために、地域の回復期リハビリテーション病院との間で「脳卒中地域連携パス」を使用しています。 これは、脳卒中の治療やリハビリテーションの予定を示した「診療計画表」のことであり、もちろん患者さんにもお渡ししています。

 

脳卒中地域連携パスの内容には、当院のSCUなどで始まる発症直後の治療内容、回復期リハビリテーション医療機関でのリハビリテーションの状況、あるいは必要に応じて、在宅復帰後の療養についての情報などが盛り込まれます。

 

こうしたことから、診療の段階にあわせ、患者さんと医療機関の間で、治療状況についての理解が相互に深まり、患者さんの転院や退院時に係る不安の軽減に対して効果的です。 

 

さらなる連携強化に向けて

2016年4月から、脳卒中地域連携パスの連携医療機関と共に「脳卒中連携パス合同カンファレンス」を開始しました。 これは、従来からの地域連携パスを用いた情報共有に加え、連携する医療機関の担当者が直接顔を合わせ、転院に向けた検討を行なうものです。

 

現在は、当院と2ヵ所の回復期リハビリテーション医療機関 (甲西リハビリ病院、南草津病院)の担当者が参加し、週1回の頻度で実施しています。

 

この合同カンファレンスには、各医療機関の医師、看護師、リハビリテーションスタッフ(理学療法士や作業療法士など)、ソーシャルワーカーなど多職種が参加し、転院に向けた多角的な検討が行なわれています。また、回復期医療機関側からも、転院後の患者さんの状況について報告をされるなど、双方向の情報交換も行なわれています。


このカンファレンスの成果はめざましいものがあり、地域連携パスを利用した転院数が2015年度との比較で約1.5倍、カンファレンス参加医療機関への転院数では約2倍となっております。(図1)。

 

より多くの患者さんが円滑に回復期の専門的治療に移行できたと言えます。 今後は、パスの内容を見直すなど、脳卒中の患者さんに、最善の時期に最善の医療をさらにスムーズに受けて頂ける運用を目指し、改善を図っていきます。

サイドナビ