SSH CCSaiseikai Shiga Hospital Cancer Center
HOME

 

放射線治療はがん診療において、手術や化学療法と並んで、もっとも重要な治療法の一つです。臓器の機能や形態の温存に優れていることから、最近注目を集めている治療法です。当院における放射線治療計画は、放射線治療専門医によって綿密に行われます。

 

治療に使われる装置は精度が高く、必要な範囲以外に照射される放射線量も小さくできます。高齢者や全身状態があまりよくない患者さんにも安心してうけていただける、患者さんに優しい治療です。

医療技術の進歩で平均寿命が伸びた日本では、2人に1人ががんをはじめとする悪性腫瘍にかかる時代となりました。放射線治療は手術療法や化学 療法と並ぶ悪性腫瘍の治療の三本柱として近年ますます注目を浴びています。放射線治療は放射線を用いた低侵襲治療で、機能・形態の温存が可能です。さまざ まな科や地域の病院と連携しながら行っています。手術療法や化学療法と比較して身体に負担が少なく、仕事を続けながらの通院治療も可能な場合もあります。

 

放射線治療の対象は頭から足先まで全身の腫瘍です。放射線治療のみで根治がえられることもありますが、治療効果の向上のた めに化学療法や手術療法と併用することもあります。また根治的治療以外に、腫瘍による症状の改善を目的とした緩和的治療にも用いられます。緊急を要する疾 患に対しては速やかに治療を行うことで、生活の質(Quality of life)の向上がえられます。

 

<対象とする主な疾患>

脳腫瘍、頭頸部がん、食道がん、乳がん、肺がん、肝臓がん、前立腺がん、大腸がん、悪性リンパ腫、リンパ節転移、骨転移、皮膚転移など。

画像診断1

画像診断2

画像診断3

サイドナビ