SSH CCSaiseikai Shiga Hospital Cancer Center
HOME

 

がん登録推進チーム

がん登録とは、病院でがんと診断されたり、治療されたりしたすべての患者さんのがんに関する情報を登録し、その情報の集計、分析を行い、がん対策などに役立てる仕組みのことを言います。

 

平成25年12月13日には「がん登録等の推進に関する法律」が公布され、全国の病院又は指定された診療所において、がんの診断や治療が行われた場合に、都道府県に届け出ることが義務づけられました(全国がん登録)。更に、専門的ながん診療の提供を行う施設では、院内がん登録を実施するよう定められています。当院では、滋賀県がん診療連携支援病院として2010(平成22)年診断分から国で定められた登録様式に従い、院内がん登録実務認定を受けた診療情報管理士が、がん情報の登録を行っています。

 

がん登録により収集された情報は、全国がん登録や院内がん登録全国集計への届出、滋賀県や国立がん研究センターがん対策情報センターへの情報提供、生存率の計測、がんに関する統計作成など、がん対策の他にもがん患者さんや市民の皆さんに対しての情報提供やがん医療の質の向上を図る目的などで利用されています。

 

なお、がん登録情報に含まれている「個人情報」については、「個人情報保護法」、「済生会滋賀県病院がん登録運用規定」及び「済生会滋賀県病院個人情報保護規定」に則り、適切に保護、管理を行っております。

 

 

1.登録数の推移(2010年~2016年診断分)

診断年

2010(H22)年

2011(H23)年

2012(H24)年

2013(H25)年

2014(H26)年

2015(H27)年

2016(H28)年

件数

割合

件数

割合

件数

割合

件数

割合

件数

割合

件数

割合

件数

割合

全体

480

100%

510

100%

626

100%

655

100%

772

100%

870

100%

822

100%

男性

283

59.0%

311

61.0%

336

53.7%

362

55.3%

438

56.7%

485

55.7%

474

57.7%

女性

197

41.0%

199

39.0%

290

46.3%

293

44.7%

334

43.3%

385

44.3%

348

42.3%

登録数の推移

当院のがん登録数は年々増加しており、現在は800件を超えています。これは、当院のがん患者さんが増加したことやがん登録自体の精度が上がったことが要因と考えられます。

また、男女比で見ると男性の割合が多くなっており、年比較でも大きな変化はありませんでした。

 

2.部位別の患者数(2012年~2016年診断分)

診断年

2012(H24)年

2013(H25)年

2014(H26)年

2015(H27)年

2016(H28)年

部位

件数

割合

件数

割合

件数

割合

件数

割合

件数

割合

105

16.8%

88

13.4%

98

12.7%

108

12.4%

111

13.5%

結腸

96

15.3%

106

16.2%

144

18.7%

140

16.1%

128

15.6%

直腸

50

8.0%

55

8.4%

61

7.9%

63

7.2%

48

5.8%

肝・肝内胆管

23

3.7%

14

2.1%

26

3.4%

24

2.8%

32

3.9%

31

5.0%

40

6.1%

37

4.8%

43

4.9%

46

5.6%

乳腺

55

8.8%

65

9.9%

58

7.5%

82

9.4%

67

8.2%

頭頸部

口腔・咽頭

12

1.9%

10

1.5%

6

0.8%

7

0.8%

6

0.7%

喉頭

6

1.0%

-

0.6%

8

1.0%

7

0.8%

6

0.7%

頭頸部その他

-

0.2%

-

0.2%

0

0.0%

-

0.3%

-

0.2%

膵/胆道

胆嚢・胆管

10

1.6%

18

2.7%

14

1.8%

30

3.4%

10

1.2%

19

3.0%

23

3.5%

19

2.5%

25

2.9%

29

3.5%

婦人科系

子宮頸部

36

5.8%

37

5.6%

38

4.9%

39

4.5%

28

3.4%

子宮体部

-

0.3%

-

0.6%

11

1.4%

9

1.0%

8

1.0%

卵巣

6

1.0%

-

0.2%

-

0.5%

8

0.9%

8

1.0%

婦人科系その他

-

0.3%

-

0.2%

-

0.1%

-

0.2%

-

0.0%

腎尿路系

前立腺

26

4.2%

29

4.4%

39

5.1%

52

6.0%

45

5.5%

膀胱

17

2.7%

13

2.0%

25

3.2%

29

3.3%

40

4.9%

腎・他の尿路

18

2.9%

13

2.0%

10

1.3%

29

3.3%

26

3.2%

腎尿路系その他

-

0.3%

-

0.6%

-

0.3%

5

0.6%

-

0.5%

血液

リンパ節

24

3.8%

31

4.7%

47

6.1%

44

5.1%

38

4.6%

血液・骨髄・脾

32

5.1%

19

2.9%

41

5.3%

41

4.7%

37

4.5%

脳・中枢神経系

21

3.4%

26

4.0%

34

4.4%

21

2.4%

36

4.4%

その他

食道

7

1.1%

13

2.0%

15

1.9%

17

2.0%

12

1.5%

骨・軟骨

0

0.0%

-

0.5%

-

0.3%

5

0.6%

-

0.5%

皮膚

10

1.6%

19

2.9%

8

1.0%

18

2.1%

22

2.7%

甲状腺

5

0.8%

-

0.5%

10

1.3%

-

0.5%

9

1.1%

その他

10

1.6%

15

2.3%

14

1.8%

15

1.7%

20

2.4%

総計

626

100%

655

100%

772

100%

870

100%

822

100%

 ※2010年と2011年は、入院症例のみの登録のため、割愛

部位別の患者数

当院のがん患者さんを部位別でみると、胃、大腸(結腸・直腸)、乳腺、前立腺や膀胱などの腎尿路系、白血病やリンパ腫などの血液腫瘍の患者さんが多くなっています。

 

3.年齢構成( 2012年~2016年診断分)

 

0-39歳

40-49歳

50-59歳

60-69歳

70-79歳

80歳以上

2016(H28)年

4.6%

8.6%

10.8%

24.5%

28.5%

23.0%

2015(H27)年

4.7%

7.9%

13.8%

26.4%

27.0%

20.1%

2014(H26)年

4.8%

8.2%

10.0%

27.6%

30.1%

19.4%

2013(H25)年

6.7%

7.6%

12.4%

26.7%

28.9%

17.7%

2012(H24)年

6.2%

10.7%

12.3%

23.3%

28.0%

19.5%

年齢構成

当院のがん患者さんは、70歳以上の約半数を占めており、60歳代を加えると7割を占めています。80歳以上の患者さんが増加傾向にあります。

 

4.医療圏別患者数( 2012年~2016年診断分)

医療圏

2012(H24)年

2013(H25)年

2014(H26)年

2015(H27)年

2016(H28)年

総計

割合

件数

割合

件数

割合

件数

割合

件数

割合

件数

割合

湖南医療圏

栗東市

191

30.5%

225

34.4%

243

31.5%

270

31.0%

274

33.3%

1551

32.8%

守山市

56

8.9%

59

9.0%

87

11.3%

89

10.2%

101

12.3%

463

9.8%

草津市

137

21.9%

130

19.8%

168

21.8%

178

20.5%

160

19.5%

973

20.5%

野洲市

37

5.9%

37

5.6%

65

8.4%

58

6.7%

57

6.9%

314

6.6%

湖南医療圏 計

421

67.3%

451

68.9%

563

72.9%

595

68.4%

592

72.0%

3301

69.7%

甲賀医療圏

湖南市

116

18.5%

117

17.9%

120

15.5%

170

19.5%

149

18.1%

848

17.9%

甲賀市

18

2.9%

23

3.5%

18

2.3%

26

3.0%

16

1.9%

128

2.7%

甲賀医療圏 計

134

21.4%

140

21.4%

138

17.9%

196

22.5%

165

20.1%

976

20.6%

東近江医療圏

近江八幡市

9

1.4%

6

0.9%

7

0.9%

13

1.5%

10

1.2%

63

1.3%

東近江市

18

2.9%

15

2.3%

13

1.7%

23

2.6%

18

2.2%

108

2.3%

蒲生郡

5

0.8%

11

1.7%

7

0.9%

12

1.4%

7

0.9%

49

1.0%

東近江医療圏 計

32

5.1%

32

4.9%

27

3.5%

48

5.5%

35

4.3%

220

4.6%

大津医療圏

大津市

20

3.2%

14

2.1%

22

2.8%

22

2.5%

13

1.6%

126

2.7%

大津医療圏 計

20

3.2%

14

2.1%

22

2.8%

22

2.5%

13

1.6%

126

2.7%

湖東医療圏

彦根市

-

0.3%

-

0.3%

-

0.3%

-

0.3%

0

0.0%

10

0.2%

愛知郡

0

0.0%

-

0.2%

0

0.0%

-

0.1%

0

0.0%

7

0.1%

犬上郡

-

0.2%

-

0.3%

-

0.1%

-

0.0%

-

0.1%

7

0.1%

湖東医療圏 計

-

0.5%

-

0.8%

-

0.4%

-

0.5%

-

0.1%

24

0.5%

高島医療圏

高島市

0

0.0%

-

0.5%

-

0.1%

0

0.0%

-

0.5%

13

0.3%

高島医療圏 計

0

0.0%

-

0.5%

-

0.1%

0

0.0%

-

0.5%

13

0.3%

湖北医療圏

長浜市

0

0.0%

-

0.2%

0

0.0%

-

0.1%

0

0.0%

-

0.1%

湖北医療圏 計

0

0.0%

-

0.2%

0

0.0%

-

0.1%

0

0.0%

-

0.1%

県外

県外

16

2.6%

9

1.4%

18

2.3%

-

0.5%

12

1.5%

71

1.5%

県外 計

16

2.6%

9

1.4%

18

2.3%

-

0.5%

12

1.5%

71

1.5%

総計

626

100%

655

100%

772

100%

870

100%

822

100%

4735

100%

医療圏別患者数

当院は、湖南地域にお住まいの方が約7割を占めており、そのうちの半数が栗東市、約3割が草津市となっていました。また、甲賀医療圏からの受診も多くなっていました。

 

5.来院経路別患者数( 2012年~2016年診断分) ※症例区分8を除く

来院経路

「来院経路」とは、がん患者さんが診断や治療のためにどのような経路で当施設を受診したかを把握する項目です。

当院は、約半数の患者さんが地域の医療機関や検診/健診施設から紹介されていることが分かりました。また、患者さんが自主的に当院を受診した割合も15%前後となっています。「その他」は主に救急車で搬送された患者さんが分類されています。

 

6.発見経緯別患者数( 2012年~2016年診断分) ※症例区分8を除く

発見経緯

「発見経緯」とは、がんが見つかったきっかけを把握するための項目です。割合が一番多くなっている「その他」は、がんによる自覚症状があった場合に分類される項目となっており、約半数の方が何らかの症状がありがんが発見されたことを意味しています。また、がん検診や健康診断などでがんが発見された割合は、15%前後となっています。

 

7.発見経緯×進展度( 2012年~2016年診断分) ※5大がん(肝癌を除く)

発見経緯・進展度

「進展度」とは、がんがどのくらい広がっているか図る項目です。基底膜と呼ばれる膜より下にがん細胞が入り込んでいない場合を「上皮内」、がんが発生元の器官にとどまっている場合を「限局」、がんが発生元の直結したリンパ節へ転移があった場合を「所属リンパ節転移」、がんが発生元の器官と隣接する器官の境界を越えて進展した場合を「隣接臓器浸潤」、がん細胞が発生元の器官から離れて他の部位に移動して増殖している状態を「遠隔転移」と定められており、上皮内から遠隔転移の方へいくほど、がんが進んだ状態となります。

上図は、胃、大腸、肺、乳がんを発見経緯と進展度別で表したものです。がんが「がん検診や健康診断等」で指摘された場合、早期のがんである上皮内と限局の割合は約8割となっていました。一方、主に何らかの自覚症状がありがんが発見された場合に分類される「その他」では、上皮内と限局の割合が約4割(43%)、がんが進んだ状態である隣接臓器浸潤と遠隔転移の割合も約4割弱(38%)となっていました。がんが早期の状態で発見される割合は、がん検診/健康診断の方が自覚症状があって発見されるよりも有意に多くなっており(p<0.01)、がん検診や健康診断はがんの早期発見に有用であることががん登録データからも示されています。

 

【注意点】

  • 各集計表において、集計値が4例以下の場合、個人が特定される可能性が高いことから「-」と表示しています。なお、0件の場合は、「0」と表示しています。
  • 「症例区分8:その他」について、セカンドオピニオンなどの当該施設での診断や治療の区分に含まれない症例のことで、この症例を含めて集計を行った場合、施設間の比較が出来ないと判断され、基本的な集計対象から除外されています。
サイドナビ