病院紹介

理念

 私たちは、済生会の「救療済生」の精神に基づき、安全で質の高い医療の提供と、心温まるサービスを実践し、地域の皆様の安心と幸せな未来へ貢献します。

 

病院の基本方針

  • 良質な医療で地域社会に貢献
  • 専門性を追求した高度医療の提供
  • 第三次救命救急医療の推進
  • 予防医学の推進
  • 低侵襲がん医療の推進
  • 医療・介護連携の推進
  • 無料低額診療事業および生活困窮者への支援事業の推進
  • 教育、臨床実習支援の充実

患者さんの権利

【良質な医療を受ける権利】

どなたでも平等に必要な医療を受けることができます。

【知る権利】

病状等について納得できるまで、説明を求めることができます。

【自己決定の権利】

自分の意思により、医療行為を選択したり、同意または拒否することができます。

【プライバシーが保護される権利】

患者さんのプライバシーは、病院の守秘義務によって保護されます。
 >> 個人情報の取り扱いについてはこちら

【他の医師の意見を聞く権利】

他の医師の意見(セカンドオピニオン)を聞くことができます。

【人としての尊厳を尊重される権利】

患者さんは、いかなる状態にあっても、1人の人間として、その人格や価値観を尊重され、尊厳が保たれる権利をもっています。

【意識がないか判断能力を欠く場合や未成年者の場合、代行者に決定を委ねる権利】

患者さんが意識不明か、その他の理由で意思を表明できない場合や未成年の場合には、法律上の権限を有する代理人が患者さんの代わりに意思決定をする権利をもっています。

【健康教育を受ける権利】

すべての人は、個人の健康に対する自己責任をもつと同時に、疾病の予防および早期発見についての手法や保健サービスの利用などを含めた健康教育を受ける権利をもっています。

患者さんに守っていただく責務

【医療行為への協力】

最適な検査や治療をうけるために、自身の健康に関する情報を詳しく正確に提供して下さい。

【療養に専念】

検査や治療方針に納得した上で、意欲を持って療養に取り組んで下さい。

【医療の安全確保、院内感染防止への協力】

医療安全確保のため、自身がうける医療行為、投与される薬などに関する疑問や不安を、医師や医療スタッフに伝えて下さい。
院内感染防止のための取り組みにご協力下さい。

【規則の遵守】

すべての患者さんが快適な環境で医療をうけられるよう、社会的ルールを遵守し、プライバシーや権利を尊重し、病院内の規則や病院職員の指示を守って下さい。

 

平成28年6月更新