病院紹介

平成28年度 済生会滋賀県病院 病院指標

 

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 753 310 301 430 740 814 1663 2153 1649 407
 平成29年度の年齢階層別の退院患者数です。60歳代以上が約64%を占めていますが、当院では狭心症などの心疾患、脳梗塞などの脳卒中、白内障、肺炎、がんや骨折を含む筋骨格系疾患の患者さんが多いためだと考えられます。また、当院は地域小児科センターと滋賀県の周産期協力施設に指定されており、乳幼児や新生児も多くなっています。
※この指標では、自費診療(分娩・労災・自賠責保険等)の患者さんは集計の条件から除外されており、計上されておりません。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
腎臓内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 61 4.87 9.32 0.00 66.10  
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 14.28 12.84  6.52 64.15  
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 27 4.48 7.58  0.00 36.15  
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 17 39.12 22.67 11.76 60.35  
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 10.54 8.87 7.69 69.85  
 腎臓内科では、慢性腎不全の患者さんに対する診断治療を行っている症例が多くなっていました。一番多い症例は、慢性腎不全で腹膜透析を行っている方の腹膜の状態を調べるための検査目的入院でした。腹膜透析の患者さんが多いのも当院腎臓内科の特色の一つとなっています。更に、慢性腎臓病に対する療養指導目的、体液量管理目的やIgA腎症などに対するステロイド治療目的などの入院(2位)や腎代替療法の準備のための入院(5位)が多くなっており、在院日数はいづれも全国平均より短くなっています。
 また、糸球体腎炎やIgA腎症などの腎疾患が疑われた患者さんに対し、組織を採取し正確な診断をつけるための腎生検目的入院や(3位)、ネフローゼ症候群に対する診断治療目的の入院が多くなっています(4位)。腎生検は病状の見通しを予測し適切な治療方法を決定するための必要不可欠な検査です。
血液内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等24あり 81 17.63 10.82 1.23  80.64  
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 61 16.87 16.83 1.64 73.20  
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 54 27.93 21.92 1.85 80.00  
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 48 25.33 34.90 2.08 68.25  
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 31  39.10 41.96 0.00 58.48  
 血液内科では、骨髄異形成症候群の患者さんにビダーザという抗癌剤を投与するための入院患者数が1位・3位と多くなっており、それらの違いは貧血などに対する輸血の実施があるかないかで、3位の症例の方で輸血を実施しています。続いて悪性リンパ腫の患者さんにリツキサンという抗癌剤を投与するための入院患者数が多くなっており(2位・4位)、これらの違いも輸血実施の有無となっています(4位の症例が輸血あり)。また、5位の症例は白血病の患者さんに化学療法と輸血を行った症例となっています。
 厚生労働省が公開しているデータ(※)を見ると、当院は滋賀県の中で非常に多くの造血器腫瘍の患者さんの治療を行っています。
(※)『平成27年度DPC導入の影響評価に係る調査「退院患者調査」の結果報告について』
呼吸器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 48 1.42 3.68 2.08 73.33  
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 13.56 14.83 12.50 80.56  
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 12.64 13.85 14.29 80.29  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし - - 19.92 - -  
040100xxxxx01x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病あり - - 12.38 - -  
 呼吸器内科では、肺癌と慢性閉塞性肺疾患に関連する病態の患者さんが多くなっていました。一番多い症例は、肺癌を疑われた患者さんの診断のため、気管支へ気管支鏡を挿入し気管支の状態と組織や細胞を採取する検査目的の入院、次に多いのが、肺癌の患者さんで癌に伴う様々な症状が出現し、疼痛などのコントロールを行ったり経過を診るために入院する症例でした。在院日数はいづれも全国平均より短くなっています。上表には掲載がありませんが、内科的治療としては化学療法導入目的入院があります。
 また、慢性閉塞性肺疾患の患者さんが気道感染などが原因で増悪した症例(3位)や慢性閉塞性肺疾患の増悪に伴い喘息発作が増悪したり、糖尿病などの合併症がある患者さんが喘息発作を起こしたりした症例(5位)が多くなっています。また、間質性肺炎や好酸球性肺炎の患者さんに対する治療目的の入院も多くなっていました(4位)
消化器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 76 10.37 11.06 1.32 74.41  
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 69 11.80 11.74 2.90 74.26  
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 54 5.33 7.89 0.00 57.57  
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 51 7.96 9.02 0.00 71.98  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 16.38 21.25 5.13 81.46  
 消化器内科で一番多い症例は、緊急性が非常に高い疾患である胆管結石や胆管炎を内視鏡的に治療した症例となりました。上表にはありませんが、緊急で止血が必要な急性出血性胃潰瘍や出血性十二指腸潰瘍の患者さんも多くなっています(31症例)。当院は救命救急センターを有しており消化器内科は内視鏡的検査・治療を24時間365日対応できる体制を整えているため、その結果が表れていると考えられます。
 二番目に多いのが、肝癌に対し「肝動脈塞栓術」を行っている入院となりました。これは、足の血管からカテーテルを進め、癌に栄養を送っている動脈を詰めて兵糧攻めにしたり(TAE)、抗がん剤を流して腫瘍細胞を壊死させたりする(TACE)治療法です。次いで、大腸穿孔を伴わず止血術が必要ではない状態の大腸憩室症(出血)に対する経過観察入院、早期胃癌を内視鏡的に切除するための入院が多くなっていました。在院日数はいづれも全国平均より短くなっています。
循環器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 198 2.46 3.06 1.01 67.49  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 158 3.78 4.71 0.63 72.32  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 74 16.41 17.95 4.05 82.80  
050030xx97030x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等23あり 副傷病なし 37 15.81 16.39 2.70  62.70  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 24.40 21.25 16.00 85.76  

 循環器内科では、上位2疾患を狭心症などの虚血性心疾患に対する入院が占めており、1位が心臓カテーテル検査目的、次に心臓カテーテル治療目的の入院となっていました。
 次に多かった疾患は、心不全に対する薬物療法等の治療目的入院で、平均在院日数は全国平均より約1日短くなっています。心不全は、うまくコントロールが出来なければ、再発を繰り返し再入院を繰り返す場合もあります。しかし、薬物療法、運動療法、在宅酸素導入や生活習慣の改善など予防法はいろいろあり、それが奏功しているかをモニタリングすることが重要となってきます。当院では心不全患者さんを適切に管理できているか評価をしています。
 次に、急性心筋梗塞の患者さんに対し、心臓カテーテル治療を行った入院が多くなっていました。この入院では、放射性同位元素(RI)を使用し治療した箇所の障害心筋が回復してきたか確認する検査(SPECT)を実施しています。
 当院では、心臓カテーテル治療や心不全の治療の評価を行いその結果をホームページ上で公開しております。当ホームページの「QI(クオリティーインディケーター)」の「診療領域別」-「心疾患」のページもご覧下さい。

小児科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 6.15 6.18 3.28 0.00  
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2なし 53 2.91 3.95 0.00 2.91  
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし   44 1.68 7.12 0.00 3.86  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 44 4.95 6.02 2.27 1.11  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 4.45 6.42 2.27 3.36  

 小児科で一番多かった入院症例は、出生時体重が2500g以上の新生児でした。呼吸障害や哺乳不良、黄疸に対する治療、経過観察目的の入院が含まれます。当院の新生児入院の約4割は他院からの紹介となっていました。当院は、滋賀県の周産期協力施設に指定されており、近隣の産科施設で出生後に異常が認められた新生児の受け入れを積極的に行っています。

 続いて、熱性けいれんの治療や経過観察入院が多くなっています。これは当院が湖南地域の小児救急輪番の7割をカバーしていることによります。

 乳幼児の検査には鎮静薬の内服が必要になりますが、当院では安全に管理するため入院で検査を行っています。3番目に多いてんかんの入院は脳波検査を目的とした入院が主です。

 次に多いのが急性肺炎や急性気管支炎などの呼吸器感染症です。一般的に小児科の受診対象となる年齢は、0歳から15歳未満ですが、肺炎や気管支炎の入院は、0歳~1歳が約7割を占めており、平均年齢も1.11歳となっています。在院日数は全国平均と比べ約1日短くなっていました。当科では個々の症例について、酸素投与、輸液、抗菌薬の必要性を検討し、一律の治療で児に不要な侵襲を加えることのないよう留意しています。

 5番目に多かったのは、喘息の治療目的の入院です。喘息入院も約6割が紹介でした。地域の開業医と連携し、喘息発作に対する入院治療終了後は、かかりつけ医でフォローを行って頂いています。

外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 115 6.14 6.91 0.00 33.90  
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 90 6.96 7.61 0.00 58.10  
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 79 4.78 5.60 0.00  31.89  
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 6.24 9.14 12.00 46.24  
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 14.04 15.92 0.00  70.83  
 外科で一番多かった症例は、急性虫垂炎に対する抗菌薬治療目的の入院でした。従来は直ちに手術を行うことが当然の治療と考えられてきましたが、緊急手術では癒着のために切開創が大きくなったり拡大手術が必要になったりすることが多く、創感染や腸閉塞などの術後合併症が発生するリスクも高くなります。そこで当院ではまず抗菌薬を投与し炎症を沈静化させた後、3~4ヵ月後に予定手術として虫垂切除(腹腔鏡下)を行うことを基本方針としており、第3位の症例がこれに当ります。在院日数はいずれも全国平均と比べ短くなっています。2番目に多かったのが、胆嚢結石症や胆嚢炎に対して腹腔鏡下で胆嚢を摘出する手術目的の入院となりました。

 4番目は、気胸に対し胸腔ドレナージ治療を行った入院でした。気胸は肺に穴があき漏れた空気が胸腔に溜まる病態です。ドレーン(管)を使い溜まったり漏れたりしている空気を排出する治療を胸腔ドレナージと言います。

 次に結腸癌を腹腔鏡下で摘出するための入院、上表にはありませんが同数で胃癌を摘出(約7割を腹腔鏡下で実施)するための入院が多くなっていました。当科ではその他にも鼡径ヘルニアを腹腔鏡下で修復する治療目的の入院も多く実施しており、低侵襲治療の手術件数が多いのが特徴となっています。

整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 182 28.25 27.63  67.58 81.92  
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 60 11.62 11.91 0.00 36.20  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 44 4.55 5.49 0.00 53.55  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 41 35.78 26.26  9.76 75.54  
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 38 5.03 5.33 0.00 27.08  
 整形外科で一番多い入院は、高齢者の大腿骨近位部骨折に対する手術症例でした。術式としては転子部骨折に対しては、髄内釘を中心にプレートなどで骨癒合するまで固定する「骨折観血的手術」が一番多く、次に頚部骨折に対しては骨折形によってはスクリューによる骨接合術を行なうことがありますが、続発性の骨頭壊死の危険性のある骨折形に対しては「人工骨頭挿入術」を行なう事が多くなっています。また、退院時に自宅に帰宅できる方を除き、更に充実したリハビリテーションが必要な方は、連携クリニカルパスを使用し他の医療機関にて回復期リハビリテーション目的に転院することによって在院日数はいずれも全国平均と同程度で、その転院の割合は67.58%でした。

 次に平均年齢が36.20歳と比較的若い膝部半月板損傷に対する「半月板切除術」やスポーツ等の外傷による靱帯損傷に対する「靱帯再建術」の入院が多くなっていました。 

 3番目と5番目は、上肢の骨折に対する骨接合術を行った症例となっていました。3番目は前腕骨の骨折に対する手術治療で、前腕でも特に太い方の骨(橈骨)の手首の付け根が折れている症例が多くなっており、これは手のひらをついて転んだときによく起きる骨折です。5番目は上腕骨の肘周辺部の骨折で、肘を伸ばした状態で手をついて転倒・転落した際に起きる骨折で小児に多い骨折と言われていて、平均年齢も27.08歳(中央値12歳)と若くなっています。一方、高齢者の変形性膝関節症に対し、「人工膝関節置換術」目的の入院も多くなっています(5番目)。

脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 105 4.53 7.52  8.16 31.76  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 68 5.18 9.87 10.61 69.91  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 17.68 19.35 52.83 70.89  
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 32 2.28 3.20 0.00 63.19  
010030xx01x00x 未破裂脳動脈瘤 脳動脈瘤頸部クリッピング等 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 9.97 15.99 0.00  62.79  
 脳神経外科で一番多い症例は、外傷性慢性硬膜下血腫、脳出血や脳挫傷などの頭部外傷に対し手術は実施せず、止血剤の投与や経過観察(保存的加療)を行った症例です。次に多い症例は、同様の頭部外傷に対し主に慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術を施行している症例となっていました。当院脳外科では外傷症例が多くなっており、3次救命救急センターを有している当院の特徴の一つとなっています。平均在院日数は、保存的加療を行った症例が全国平均と比べ約3日、手術をした症例が約4日程度短くなっています。

 次に多いのが、脳内出血に対して保存的加療を行った症例となりました。更に充実した治療(リハビリテーション)を受けられるよう当院では脳卒中地域連携クリニカルパスを使用し、地域の医療機関と連携を取っており、転院率が52.83%と高くなっています。

 次に未破裂動脈瘤の患者さんが多くなってきました。動脈瘤は脳の動脈の一部が以上に膨らみ「こぶ」のようになったもので、破裂するとくも膜下出血や脳内出血を引き起こします。4位は、動脈瘤の精査目的で脳血管造影を行った症例です。

 5位は瘤の中に血流が流れ込まないように動脈瘤の首根っこの部分に特殊なクリップをかける「脳動脈瘤頸部クリッピング術」を行った症例でした。当院では小開頭でのクリッピング術を主に実施しており、手術時間や入院期間ともに短縮されており、在院日数は全国と比べ約6日短くなっています。

産婦人科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 41 8.85 9.88 4.88 35.80  
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 17 7.06 6.42 0.00 50.35  
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 16 8.69 10.05 0.00 44.56  
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 16 24.06 20.79 6.25 31.44  
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 12 8.42 9.77 0.00 34.25  
 産婦人科で一番多い症例は予定された帝王切開での出産目的入院で、約7割が帝王切開の既往がありました。また、産科領域では切迫早産に対する治療や経過観察入院(4番目)、帝王切開の既往があって切迫子宮破裂の状態となったり胎児の心拍異常が認められたりして、緊急で帝王切開が行われた症例が多くなっていました(5番目)。

 婦人科領域では、卵巣の良性腫瘍に対し腹腔鏡下で摘出するための入院(2番目)、子宮筋腫に対する子宮全摘手術目的(3番目)が多くなっていました。なお、今回集計の条件上除外されておりますが、子宮頚部異形成や上皮内癌の確定診断や治療を行う際に実施される子宮頸部(腟部)切除目的入院が2番目に多くなっています(患者数25名)。

眼科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 24 7.71 8.27 0.00 60.13  
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 19 9.95 10.53 0.00 57.53  
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 14 7.21 7.72 0.00 73.57  
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 - - 7.01 - -  
020210xx97x0xx 網膜血管閉塞症 その他の手術あり 手術・処置等2なし - - 8.02 - -  
 今回の集計条件では短期滞在手術等基本料を算定する患者さんは除外されています。眼科で一番多い症例は、その短期滞在手術等基本料の算定対象となる白内障に対しての水晶体再建術目的入院で、片眼・両眼合わせて392症例の入院があります。次に網膜剥離や糖尿病網膜症に対して施行される硝子体茎顕微鏡下離断術目的入院が多くなっています。
 平均在院日数はいづれも、全国平均と比べ短くなっています。
耳鼻咽喉科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 41 5.56 5.50 0.00 44.98  
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎

28

7.79 7.47 0.00 57.68  
030428xxxxxxxx 突発性難聴 19 11.95 9.37 0.00 68.11  
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 14 8.71 8.12 0.00 29.57  
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 11 9.55 9.60 0.00 64.45  
 当院の耳鼻咽喉科で取り扱う症例に、急性扁桃炎、扁頭周囲膿瘍や急性咽頭喉頭炎に対する治療があります。これらは通常外来通院にて抗菌薬治療を行っていますが、疼痛により食事が摂れない場合(摂食不良・困難)や呼吸困難を生じた重症例に対しては入院での抗菌薬治療を行っており、一番多い症例となっていました。

 2番目に多い症例は、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下手術目的の入院となっていました。炎症で粘膜が腫れたりポリープが出来たりして空気や鼻水の通り道が塞がれた状態を、手術によって解除します。在院日数は全国平均と比べて同程度となっていました。

 3番目に突発性難聴に対する点滴治療目的入院の患者さんが多くなっていました。当院では突発性難聴の患者さんは基本的に外来で治療しており患者数も多くなっていますが、糖尿病などの合併症がある方や妊娠している方などに対しては、入院にて治療を行っています。次いで、急性扁桃炎が軽快しても繰り返す慢性扁桃炎、扁桃肥大による睡眠時無呼吸症候群やIgA腎症の治療に対する治療となる、口蓋扁桃摘出術目的入院、顔面神経麻痺に対するステロイド治療の入院が多くなっていました。

放射線科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120060xx97xxxx 子宮の良性腫瘍 その他の手術あり 28 2.07 5.00 0.00 43.71  
 放射線科で一番多い症例は、子宮筋腫に対する血管塞栓術目的入院でした。足の付け根の動脈から、細い管(カテーテル)を挿入し、子宮筋腫の栄養動脈を閉塞させる治療で、子宮筋腫は栄養を絶たれ、大半の症例で過多月経や疼痛など子宮筋腫による症状は改善し、子宮筋腫も約半分以下の大きさに縮小したまま、子宮は温存されます。当院放射線科では、1997年12月に本治療を行って以来、子宮筋腫の有効な治療法の一つの選択肢として本治療に取り組んでいます。
神経内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 58 20.41 16.54 27.59 70.71  
010230xx99x20x てんかん 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 35 11.80 14.25 0.00 60.69  
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 29 10.17 6.38 0.00 67.14  
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 15 15.47 16.70 6.67 66.07  
010060x2992401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 15 27.00 19.07 33.33 66.27  
 神経内科で多い症例は脳梗塞に対する治療目的入院です。診断群分類が治療や検査方法によって詳細に分かれていますが、脳梗塞の治療や検査目的の入院は250件となっています。その中でも一番多いのは、血をさらさらにしたり血を固まりにくくする薬(抗血栓療法)や脳の腫れを抑えたりする薬のみを投与する治療(抗脳浮腫療法)に加え、発症後24時間以内の場合に使用できるエダラボンという神経細胞を保護する点滴薬を投与する治療(脳保護療法)で58件の入院がありました(1番目)。その治療に加え脳血管造影検査を行った症例が15件(4番目;010060x2992401)あり、多くの患者さんが症状発生後早期に受診されていることが分かります。次に、発症後24時間を超えた場合や腎機能障害のためエダラボンを使用せず、抗血栓療法や抗脳浮腫療法を行っている症例となりました(4番目)。また、脳梗塞の前兆とも言われる一過性脳虚血発作に対する治療や経過観察目的の入院も多いことが分かりました(3番目)。

 また、てんかんに対する治療も多くなっており、幅広い疾患を扱っていることが分かります。

 厚生労働省が公開しているデータ(※)を見ると、当院は滋賀県の中で非常に多くの脳梗塞を含めた脳卒中の患者さんの治療を行っていることが分かります。「脳卒中専門医」が当科のほか脳神経外科や救急集中治療科に合計8名在籍し、更に当科には「脳血管内治療学会専門医」も在籍しており、神経内科・脳神経外科・救急集中治療科・放射線科が協力して超急性期治療を積極的に行っております。治療成績等の詳細につきましては、当ホームページの「QI(クオリティーインディケーター)」の「診療領域別」-「脳卒中」のページをご覧下さい。

(※)『平成27年度DPC導入の影響評価に係る調査「退院患者調査」の結果報告について』

皮膚科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 29 11.31 11.97 0.00 68.14  
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし - - 4.28 - -  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - 8.78 - -  
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1なし - 18.22 - -  
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1なし - - 11.28 - -  
  皮膚科で一番多い症例は、蜂巣織炎に対する抗菌薬治療目的の入院でした。加えて皮膚切開などを行った症例が4番目に多くなっています。

 次に脂肪腫などの良性腫瘍を摘出する手術目的入院、下肢の皮膚潰瘍に対し外科的に感染巣を除去し、植皮などで創を閉鎖する目的での入院、皮膚悪性腫瘍切除目的入院、薬疹の治療目的入院の順となっています。平均在院日数は、全国平均と同程度となっています。

泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 62 6.08 7.44 0.00 68.90  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 44 6.84 5.83 0.00 57.66  
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 20 10.00 11.72 0.00 68.30  
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 17 8.47 9.98 0.00 70.18  
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 13 6.69 8.83 0.00 60.15  
 泌尿器科では、経尿道的に内視鏡を挿入し膀胱癌を切除する目的の入院が一番多くなっていました。在院日数は全国平均より約1日短くなっています。次に尿路結石を経尿道的に除去する手術目的入院が多く、続いて膀胱癌に対する術前・術後の化学療法目的入院、肥大した前立腺を経尿道的に切除する目的の入院、急性前立腺炎に対し抗菌薬を投与するための入院が多くなっています。

 また、今回の集計条件では短期滞在手術等基本料を算定する患者さんは除外されてしまい、上表には掲載がありませんが、前立腺癌が疑われたため経直腸超音波下に前立腺を確認し組織採取を行うための入院が79症例、体外で発生させた衝撃波を体内の尿管結石に集中させ結石を破砕させる治療目的入院が48症例あります。

糖尿病内分泌内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 35 13.23 14.61 2.86 62.06  
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 20 16.30 16.31 0.00 65.20  
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 6.12 - -  
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 13.78 - -  
100070xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり85歳未満 - - 12.46 - -  
 糖尿病内分泌内科で一番多い症例は、2型糖尿病に対し療養指導や血糖コントロール、インスリン導入を行う入院となりました。診断群分類の設計上、インスリン製剤の使用の有無や合併症の有無で分類が詳細に分かれますが、2型糖尿病の患者さんの入院は合わせて72症例ありました。平均在院日数は、全国平均と比べ短くなっています。当院では患者さんの血糖値をモニタリングしながら最適な治療を選択し、糖尿病診療の質向上を図っています。詳しくは、当ホームページの「QI(クオリティーインディケーター)」の「生活習慣病・慢性腎疾患」-「糖尿病患者さんの血糖コントロール」のページをご覧下さい。

 次に多かったのは、高血圧や低カリウム血症の原因の一つである原発性アルドステロン血症や副腎腫瘍の疑いに対する精査目的入院となりました。当院には内分泌学会専門医が在籍しており、内分泌疾患が疑われる患者さんに対し、スクリーニング検査や負荷試験等の精査を実施しております。続いて、糖尿病治療中の患者さんが様々な原因で低血糖を起こし入院した症例が多くなっていました。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 54 21 22 39 22 21 1 7
大腸癌 19 14 71 32 18 18 1 7
乳癌 14 17 13 - - 15 1 7
肺癌 - - - 25 45 - 1 7
肝癌 19 10 12 - - 50 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 我が国に多いがんの部位とステージ別の患者数です。入退院を繰り返す患者さんもそれぞれ1とカウントされています。肺癌のステージ不明数が多くなっていますが、これはがんと診断するための検査目的入院の症例が該当しました。このような場合では、がんと診断がついてから退院後に外来にて遠隔転移などの精査を行います。よって検査入院時はステージの確定が不可能であるため、この場合「不明」と入力するよう登録上のルールがあるためです。

 当院では、胃癌、大腸癌の患者さんが多くなっています。昨年度と比較すると胃癌と肝癌の患者さんが特に増加していました。胃癌では「化学療法」の患者さんと早期胃癌に対する「内視鏡的治療」の患者さんが増加し、肝癌では「肝動脈塞栓術(足の血管からカテーテルを進め、癌に栄養を送っている動脈に抗がん剤を流して腫瘍細胞を壊死させる治療法)」を行っている患者さんが増加していました。

 他の指標も見て頂ければ分かりますが、当院では内視鏡治療、腹腔鏡下手術や血管内治療などの低侵襲治療件数が多くなっています。また、当院にはがんセンターが設置されており、多職種のチームが機能し患者さんに安心・安全の医療を提供できるよう努めています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症 19 8.74 51.05
中等症 93 14.68 77.11
重症 49 15.12 85.08
超重症 - - -
不明 0 0.00 0.00
 肺炎の重症度は、A-DROPスコアを用いて分類しています。A-DROPとは、状態を確認する5つの項目(Age(年齢)、Dehydration(脱水)、Respiration(呼吸)、Orientaion(意識障害)、Pressure(収縮期血圧))の頭文字をとったもので、重症度0は軽症で基本は外来のみ、1~2は中等症となり、外来若しくは入院となります。重症度3は重症となり入院の適応、5では、ICUなどの集中治療が必要な状態と判断されます。

 当院では、軽症から重症まで幅広い患者さんの診療を行っており、また、重症度が上がるにつれて、年齢も上がっている事が分かります。

 肺炎・嚥下サポートチームがあり、医師、看護師、リハビリスタッフ、管理栄養士や事務職がチームとなり、肺炎患者さんを様々な側面からサポートしています。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10傷病名発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
G45$一過性脳虚血発作及び関連症候群- 32 9.69 66.78 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - -  -
I63$脳梗塞3日以内 231 29.30 73.56 32.13
その他 46 16.35 72.02 2.17
I65$脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの- 40 6.85 72.53 0.00
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679脳血管疾患,詳細不明3日以内 - - - -
その他 - - - -
 脳の血管が詰まることで起きる脳梗塞の患者数は高齢化に伴い増加傾向にあり、脳出血やくも膜下出血などを合わせた「脳血管障害」は日本人の死因の第4位を占めていて、中でも脳梗塞が一番多くなっています。

 以前より当院では脳卒中センターを設置し、専門の医師が24時間オンコール体制で治療を行える環境を整えておりましたが、超急性期脳梗塞患者さんの治療を積極的に行い、地域における急性期病院の機能を果たすべく、2017年2月に脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)の患者さんを搬送直後より脳卒中の専門医と専門医療スタッフがチームを組み、24時間365日対応できる滋賀県下最大規模の「SCU(stroke care unit;脳卒中ケアユニット)」を開設しました。また、脳卒中に関連する様々な指標を毎年測定し、診断や治療の質向上を図っています。

 上表では、脳梗塞の患者さんの約8割が発症当日を含む3日以内に救急搬送や直接来院され、また、急性期治療を終えた約3割の方が他施設へリハビリテーション目的等のために転院されていることが分かります。

 脳梗塞の診療では、病歴、身体所見及び神経学的所見を迅速に把握し早期に治療を開始することが重要です。医療者側と救急隊との地域チーム医療の実践も必要としますが、患者さんや周りの人が異変に気づき、できる限り早く病院に来て頂くことも非常に重要となってきます。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード
腎臓内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 36 7.50 12.97 0.00 67.28  
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 11 3.27 26.64 0.00  64.09  
 平成28年度で腎臓内科で最も多い手術は「内シャント設置術」でした。血液透析を行うためには、血管から血液の出入り口を確保しなければなりません。静脈は穿刺がしやすいのですが血流が少なく血液の出入り口として使用するには不十分です。内シャント設置術とは、静脈と動脈をつなぎ合わせ静脈の血流を増やし、血液の出入り口として使用するための血管にする手技で、手首の血管がよく使用されます。

 次に、当院腎臓内科の特色の一つである「腹膜透析」の治療を行うために、患者さんのお腹の中(腹腔内)に透析液を出し入れするためのシリコン製のチューブ(腹膜透析用カテーテル)を留置する手術が多くなっていました。

血液内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 10 11.20 13.90 0.00 72.00  
 中心静脈とは、心臓の近くにある太い静脈のことで、血液の流れが速く、薬剤を入れてもすぐに血液で希釈されます。一方、手足の細い血管は、一部の薬剤(抗がん剤や昇圧剤など)や高栄養の輸液(高カロリー輸液)を点滴すると、すぐに血管の炎症(血管炎)を起こしてしまいます。以上の理由から、抗がん剤などの一部の薬剤や高カロリー輸液を長期間、安定して点滴するためには、中心静脈にカテーテル(細い管)を入れる必要があります。お腹を切るなどの一般的な手術ではありませんが、今回の公開条件上計上されます。

 血液内科では、悪性リンパ腫や白血病などの造血器腫瘍の患者さんに対し化学療法を行う際に用いています。

消化器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 75 3.64 10.71 4.00 74.97  
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 57 2.91 8.98 0.00 73.72  
K654 内視鏡的消化管止血術 50 2.36 9.24 6.00 71.32  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 48 0.79 6.29 0.00 71.96  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 47 2.34 2.47 0.00 69.72  
 当院は3次救命救急センターを有しており、胆道結石症の良性胆管狭窄や胆管癌などの悪性疾患による閉塞性黄疸や化膿性胆管炎、消化管出血に対する止血などの緊急性が高い疾患に対し、24時間365日専門医が内視鏡的検査・治療を対応しており、消化器内科における手術の上位を占めています(1番目、3番目)。

 また、肝癌に対し「肝動脈塞栓術(足の血管からカテーテルを進め、癌に栄養を送っている動脈に抗がん剤を流して腫瘍細胞を壊死させる治療法)」を行っている患者さんも、前年度から件数が30件近く増加しています(2番目)。

 次に多いのが、早期胃癌の患者さんに対する内視鏡的に切除する症例でした。拡大内視鏡診断やNBI診断を用いた上部消化管検査により早期胃癌の発見に努めており、治療についてはガイドラインに従い、局所療法で治癒と考えられるものについては、広範囲一括粘膜切除を施行しています。続いて、大腸ポリープや腺腫を切除する症例が多くなっていました。

循環器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 142 1.47 2.56 1.41 72.37  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 29 0.00 16.07 3.45 63.21  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 21 0.14 9.52 0.00 68.86  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 20 0.50 2.60 10.00 72.90  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 16 4.38 11.38 6.25 73.44  
 当院は3次救命救急センターとして、24時間循環器内科専門医が対応できる体制を整えており、急性心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患に対する心臓カテーテル治療の症例が多くなっています。心臓カテーテル治療は、腕や足の付け根の血管からカテーテルと呼ばれる細い管を心臓まで通し、冠動脈の閉塞や狭窄している部分を、風船やステントを用いて治療する方法です。患者さんの症状や検査結果によって、来院後直ぐに緊急で治療を行う場合や病態によっては薬物治療を行って経過をみる場合もあります。 治療成績等の詳細につきましては、当ホームページの「QI(クオリティーインディケーター)」の「診療領域別」-「心疾患」のページをご覧下さい。

 また、下肢閉塞性動脈硬化症に対するカテーテル治療や洞不全症候群や徐脈性の不整脈などに対するペースメーカー移植術などの手術が多くなっています。

小児科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 33 0.00 9.39 6.06 0.00  
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) - - - - -  
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -  
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -  
K367 咽後膿瘍切開術 - - - - -  

 出生時の新生児に見られる呼吸障害や循環不全を総称したものを新生児仮死といい、それに対する気道吸引、皮膚刺激や酸素投与などによる蘇生を新生児仮死蘇生術といいます。お腹を切るなどの一般的な手術ではありませんが、公開の条件上計上されます。当院では、産科医師が仮死のリスクがあると判断した症例には分娩に小児科医が立ち会い、迅速に蘇生術が開始できるようにしています。又、予測不可能な仮死に対応するために、産科医、助産師も蘇生術の講習を受けています。

 その他小児科では、腸重積や誤って異物を飲み込んでしまったものを内視鏡的に取り出す処置などが、手術数として計上されています。

外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 107 3.48 4.94 0.00 60.40  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 94 1.11 3.00 0.00 64.11  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 78 1.15 2.71 0.00 31.53  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 35 6.74 9.97 0.00 73.03  
K6335 鼠径ヘルニア手術 26 4.58 3.73 3.85 69.88  
 当院外科では低侵襲治療である鏡視下手術を積極的に行っており、上位4件は腹腔鏡下の術式となりました。鏡視下手術の利点は、傷を小さくし、手術後の痛みを軽減させ回復を早め、結果として少ない日数で退院が可能であることです。

 当院では10年以上前から癌の鏡視下手術を実施しており、大腸癌(結腸・直腸)手術の80%以上、胃癌手術の50%以上を鏡視下で実施しています。また、同じ部位に対する手術でも方法により術式が複数存在するため集計が分散されてしまいますが、大腸癌の鏡視下手術数は合わせて年間約80件ほど実施しています。また、上表にあるような良性疾患に対しても鏡視下手術を積極的に実施し、当院外科で実施している鏡視下手術件数は、年間400件例を超えます。

整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 165 2.83 22.75 56.36 75.02  
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 84 2.17 12.01 1.19 49.36  
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 76 1.64 26.46 6.58 71.57  
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 57 5.00 22.74 66.67 81.79  
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 49 2.18 13.45 8.16 69.67  
 当院は3次救命救急センターを有しており、重症外傷の患者さんが頻繁に救急搬入されます。若年者の高エネルギー外傷も車の安全性が向上したのか近年では減少傾向ですが、社会の高齢化のためか高齢者の転倒による大腿骨近位部骨折症例に対する手術は、更に増加傾向です(1番目、4番目)。独居や老々介護の生活形態の高齢者骨折患者さんに対し早期手術を目標として行い、骨折観血的手術を行った患者さんの術前平均在院日数2.83日でした。また、スムーズに在宅復帰が出来るよう術後はより集中的なリハビリテーション治療を受けて頂くため、地域の回復期リハビリテーション病院と連携クリニカルパスを運用し、患者さんにとって下肢機能の再獲得を目指した医療を受けられるようにしています。

 2番目に件数の多い前腕や下腿に対する骨折観血的手術は、転倒して足を捻ったり手をついたりして受傷した患者さんやスポーツや事故で受傷した患者さんが多くなっており、平均年齢は49.36歳と比較的若い傾向にありました。

 次に件数が多い股関節や膝関節の変形性関節症に対する人工関節置換術は、血液汚染・感染防止を目的に防護服およびクリーンルームで行うように努めています。また、頚椎症性脊髄症、腰部脊柱管狭窄症に対する手術においては、術前に担当リハビリテーションスタッフが患者さんの状態を把握し認識を共有することにより術後のリハビリテーションがスムーズに行われる事を目標に入院するため、術前日数が1.64日となっています。また、日本脊椎脊髄病学会の指導医が2名在籍しており、術式によっては神経モニタリング装置を用い手術用顕微鏡や脊椎用内視鏡を使用した出血量の少ない低侵襲かつより安全な手術を目標としています。

脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 55 0.29 4.56 18.18 77.93  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 42 0.74 33.88 28.57 63.52  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 18 9.33 28.72 16.67 61.22  
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 15 4.93 12.33 6.67 68.60  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 11 0.36 59.73 81.82 56.91  
 当院は3次救命救急センターを有しており、当院脳神経外科でも多数の患者さんの手術治療が行われています。脳神経外科で最も多い手術は主に外傷などによる慢性硬膜下血腫に対し穿頭し血腫を洗浄する「慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術」となりました。入院時に救命救急センターで実施する場合も多く、術前日数も0.29日と短くなっています。

 2番目に多いのが、動脈瘤破裂によるくも膜下出血や未破裂動脈瘤などに対して行われる「脳動脈瘤頚部クリッピング」です。当院では小開頭でのクリッピング術を主に実施しており、手術時間や入院期間ともに短縮されています。また術後、より重点的にリハビリテーションを行うため地域の回復期リハビリテーション病院へ転院する場合が多く、転院率は33.88%となっています。尚、2箇所以上の多発例も多数実施しています。

 3番目に多い手術が、良性や悪性の脳腫瘍に対する「頭蓋内腫瘍摘出術」となっています。次いで、脳梗塞を発症した患者さんや脳梗塞のリスクが高い患者さんに対し頚部血管のプラークを摘出する手術、脳出血を起こした患者さんに対して開頭して血腫を取り除く手術が多くなっています。

産婦人科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 38 2.45 7.24 0.00 34.97  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 26 1.00 5.04 0.00 44.08  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 25 0.56 1.00 0.00 43.20  
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 24 4.42 6.63 8.33 34.25  
K877 子宮全摘術 18 1.17 6.89 0.00 46.22  
 産婦人科で最も多い手術は選択帝王切開術で、38件の施行がありました。主に帝王切開の既往がある方に対する予定手術です。一方、経腟分娩を予定していたが、分娩が進まないなど、お母さんやお腹の中の赤ちゃんの状態が悪くなる前に帝王切開に切り替えるなど緊急で帝王切開を行った症例が24件ありました(4番目)。当院の全分娩に対する帝王切開の割合は例年約3割前後となっています。

 その次に多い手術は、卵巣腫瘍などに対する子宮付属器腫瘍摘出術です。腹腔鏡を用いた低侵襲の術式で術後入院期間が平均5日で退院が可能です。次いで子宮頸部異形成や上皮内癌の確定診断や治療を行う際に実施される子宮頸部(腟部)切除術、子宮筋腫に対して子宮を取り除く手術が多くなっていました。

眼科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 391 1.06 1.70 0.00 73.11  
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 55 0.25 6.71 0.00 65.38  
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 18 0.11 3.83 0.00 73.78  
K281 増殖性硝子体網膜症手術 12 0.25 10.33 0.00 55.08  
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) - - - - -  
 眼科で最も多い手術は、白内障に対して施行される水晶体再建術で、眼科で入院される患者さんの約7割を占めていました。次いで多い手術は、網膜剥離や糖尿病網膜症に対して施行される硝子体茎顕微鏡下離断術で、患者さんの状態により水晶体再建術と同時に施行される場合もあります。
耳鼻咽喉科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 21 0.86 6.38 0.00 27.62  
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 18 0.94 5.78 0.00 55.67  
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 12 1.00 1.17 0.00 5.92  
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) - - - - -  
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) - - - - -  

 耳鼻咽喉科で最も多い手術は口蓋扁桃摘出術です。若い方に多い急性扁桃炎を繰り返す場合や扁桃肥大による睡眠時無呼吸症候群に対する治療となります。また、腎臓内科と連携しIgA腎症の治療として施行される場合もあります。平均年齢が27.62歳と若年層の患者さんが多いことが分かります。

 次に慢性副鼻腔炎に対し、炎症で粘膜が腫れたりポリープが出来たりして空気や鼻水の通り道が塞がれた状態を、手術によって解除する内視鏡下鼻・副鼻腔手術が多くなっていました。同じ副鼻腔に対する手術でも、副鼻腔の左右一体ずつある4つの空洞(前頭洞、上顎洞、篩骨洞、蝶形骨洞)に対し何カ所手術しているかで術式が分かれるため、2番目と4番目に計上されていますが、年間約30例実施しています。

 3番目に、滲出性中耳炎に対し中耳内の換気を正常化するためのチューブを挿入する手術が多くなっていました。通常、成人は外来で実施しますが、小児は入院の上実施するため、平均年齢が5.92歳となっています。続いて、甲状腺腫瘍切除術が多くなっていました。

放射線科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) 28 0.00 1.07 0.00 43.71  
 放射線科では、子宮筋腫に対する血管塞栓術を実施しています。足の付け根の動脈から、細い管(カテーテル)を挿入し、子宮筋腫の栄養動脈を閉塞させる治療で、子宮筋腫は栄養を絶たれ、大半の症例で過多月経や疼痛など子宮筋腫による症状は改善し、子宮筋腫も約半分以下の大きさに縮小したまま、子宮は温存されます。当院放射線科では、1997年12月に本治療を行って以来、子宮筋腫の有効な治療法の一つの選択肢として本治療に取り組んでいます。
神経内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 21 3.95 33.81 71.43 78.90  
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 11 8.55 18.18 45.45 75.36  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -  
K386 気管切開術 - - - - -  
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -  
 神経内科では、脳梗塞の原因となった詰まった血栓を特殊な形状のカテーテルで除去する治療である「経皮的脳血栓回収術」が一番多くなっていました。現在の脳梗塞治療の主流である「rt-PA点滴静注療法」にこの手術を追加すると、より患者さんの生活の自立度が上がるという研究報告もあります(治療の適応か否かは、医師が診察し判断します)。当院神経内科には「脳神経血管内治療専門医」が在籍しており、脳神経外科や放射線科などとチームを組んで実施しています。

 次に、頚部頸動脈が狭窄し脳梗塞を発症した患者さんや脳梗塞のリスクが高い患者さんに対し、ステントを留置することで頸動脈を拡げ血流を改善する手術が多くなっていました。

泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 68 1.94 3.50 0.00 69.91  
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 50 0.00 1.00 0.00 53.64  
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 42 1.93 3.83 0.00 57.40  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 32 1.22 5.75 0.00 67.31  
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 18 1.00 6.50 0.00 70.06  
 泌尿器科で最も多い手術は、膀胱癌に対する経尿道的膀胱悪性腫瘍手術です。膀胱鏡で浸潤がないと判断された主に早期の膀胱癌に対して施行されるもので、尿道から内視鏡を挿入し腫瘍を切除する手術となります。

 次に多いのが、尿管結石や腎結石に対する体外衝撃波腎・尿管結石破砕術で、衝撃波を体内の結石に当て結石を破砕し、体外へ排出させる手技です。平均年齢が53.64歳と比較的若くなっています。3番目に多いのが、同じく尿管結石に対し、経尿道的に尿管鏡を操作してレーザーで破砕する手術でした。

 続いて、経尿道的尿管ステント留置術で、尿管が腫瘍や結石など様々な原因によって閉塞したり狭窄したりしている状態をステントを入れて改善させるための手技、前立腺肥大症に対し、経尿道的に切除する手術が多くなっていました。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 15 0.16
異なる 10 0.11
180010敗血症同一 61 0.66
異なる 28 0.30
180035その他の真菌感染症同一 - -
異なる - -
180040手術・処置等の合併症同一 63 0.68
異なる 0 0.00
 この傷病名については、治療を行う上でゼロにはなり得ないが、少しでも改善すべきものとして挙げられている疾患です。入院契機欄の「同一・異なる」については、患者さんが入院ときっかけとなった病名や症状と最終的な診断名が同一か異なったかという意味となります。

 播種性血管内症候群や敗血症については入院の契機となった病名と異なる件数も多くなっていますが、当院は湖南地域の3次救命救急センターを有しており重篤な患者さんが多数搬入され、肺炎や急性腎盂腎炎などの主症状に伴う重篤な合併症として発症しているためだと考えられました。発生率は敗血症が約0.2%増加していましたが、他は昨年度と同程度でした。

 手術や処置の合併症については、細心の注意を払い実施しても一定の割合でどうしても発生するものでありゼロにはなりませんが、昨年度と比較して発生率は約0.4%減少していました。当院では患者さんへ手術や検査などの治療方法を説明する際には、代替的治療法があればその内容と手術処置の危険性や起こり得る合併症も含めてご理解頂けるまで十分説明を行い、ご理解頂いた上で同意を頂くよう努めています(インフォームドコンセント)。

更新履歴
2017/09/29

2016/09/28
  平成28年度実績へ更新しました。
『DPCデータによる病院情報の公表』を公開しました。