病院紹介

令和元年度 済生会滋賀県病院 病院指標

 

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 779 351 295 476 799 917 1773 2935 2048 511

2019年度の年齢階層別の退院患者数です。当院の退院患者数は年々増加しており、その中でも60歳代以上が約65%を占めています。当院では狭心症などの心疾患、脳梗塞などの脳卒中、白内障、肺炎、がんや骨折を含む筋骨格系疾患の患者さんが多いためだと考えられます。また、当院は地域小児科センターと滋賀県の周産期協力施設に指定されており、乳幼児や新生児も多くなっています。

 

※この指標では、自費診療(分娩・労災・自賠責保険等)の患者さんは集計条件から除外されているため、上表の患者数は全退院患者数を示しているわけではありません。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 58 2.33 3.34 3.45 72.79  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 15.45 20.84 9.68 84.29  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 24 17.67 18.84 0.00 68.29  
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 13 19.46 15.17 7.69 82.69  
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 10 19.60 14.62 30 80.9  

 呼吸器内科では、肺癌に対する検査や治療が多くなっていました。一番多い症例は、肺癌を疑われた患者さんの診断のため、気管支鏡と呼ばれる内視鏡を挿入して気管・気管支の状態を観察し、組織や細胞を採取する気管支鏡検査目的の入院でした。気管支鏡検査が難しい症例の場合はレントゲンやCTで確認しながら、皮膚から細い針を肺に刺して組織を採取する経皮的肺生検も行います。日帰り入院での症例がほとんどなため、平均在院日数は全国平均より短くなっています。また、肺癌に伴う様々な症状に対して緩和ケア科と連携してコントロールをしています(5位)。集計の関係で上表にはありませんが、肺癌に対する抗がん剤治療目的の入院も多くなっています(合わせて約30件)。
 次に多いのが、誤嚥性肺炎です。誤嚥とは嚥下機能障害のため唾液や食べ物、あるいは胃液などと一緒に細菌を起動に誤って吸引することにより発症します(一般社団法人日本呼吸器学会)。高齢者の方に多く、当院でも平均年齢が84.3歳となっています。
 さらに当院では、間質性肺炎(3位)や肺炎(4位)に対する治療目的の入院も多くなっています。

血液内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等24あり 99 15.82 10.43 1.01 79.07  
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 85 17.68 15.79 0.00 76.40  
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 82 23.72 20.30 1.22 81.01  
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 35 33.40 39.36 2.86 63.09  
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等25あり 20 18.45 22.79 5.00 78.85  

 血液内科では、骨髄異形成症候群の患者さんにビダーザという抗がん剤を投与するための入院患者数が1位・3位と多くなっており、それらの違いは貧血などに対する輸血の実施があるかないかで、1位の症例の方は輸血を実施しておらず、3位の症例の方で輸血を実施しています。続いて悪性リンパ腫の患者さんにリツキサンという抗がん剤を投与するための入院患者数が多くなっています(2位)。
 4位は急性白血病に患者さんに抗がん剤の投与を行った症例です。5位は多発性骨髄腫にベルケイドという抗がん剤を投与した症例となっています。
 厚生労働省が公開しているデータ(※)を見ると、当院は滋賀県内でも多くの造血器腫瘍の患者さんの治療を行っています。

(※)『平成30年度DPC導入の影響評価に係る調査「退院患者調査」の結果報告について』

腎臓内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 67 9.37 11.67 8.96 63.16  
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 30 15.37 14.23 6.67 67.33  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 26 14.77 12.58 11.54 78.35  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 16.43 20.84 21.74 86.04  
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 23 3.00 7.00 0.00 42.22  
 腎臓内科では、上位5位の中で慢性腎臓病・腎炎の症例が多く占めていました。1位の症例は、慢性腎臓病に対する療養指導目的、体液量管理目的やIgA腎症などに対するステロイド治療目的の症例でした。在院日数は、全国平均より2日程度短くなっています。2位は慢性腎臓病で腎代替療法の導入のための入院症例でした。そして、5位の症例は糸球体腎炎やIgA腎症などの腎疾患が疑われた患者さんに対し、組織を採取し正確な診断をつけるための腎生検目的の症例で、在院日数は全国より4日短くなっています。腎生検は病状の見通しを予測し適切な治療方法を決定するための必要不可欠な検査です。
 また、尿路感染症や誤嚥性肺炎などの感染症の症例も多くなっています。
消化器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 95 2.36 2.63 1.05 69.04  
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 77 8.56 9.79 2.60 74.87  
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 57 6.02 7.65 0.00 62.26  
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 45 8.31 8.27 0.00 68.80  
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2なし 43 8.28 8.86 0.00 67.65  

 消化器内科で一番多い症例は、大腸腫瘍を内視鏡的に切除術するための入院でした。次に多かったのが、緊急性が非常に高い疾患である胆管炎や総胆管結石を内視鏡的に治療した症例となりました。上表にはありませんが、緊急で止血が必要な出血性胃潰瘍や出血性十二指腸潰瘍の患者さん(31症例)も多くなっています。当院は救命救急センターを有しており、消化器内科は内視鏡的検査・治療を24時間365日対応できる体制を整えているため、その結果が表れていると考えられます。
 次に大腸穿孔を伴わず止血術が必要ではない状態の大腸憩室症(出血)に対する経過観察入院(3位)、早期胃癌を内視鏡的に切除するための入院(4位)、虚血性腸炎に対する絶食・輸液治療のための入院(5位)が多くなっていました。
 また、上表にはありませんが急性膵炎の緊急入院や肝細胞癌に対する血管塞栓術目的入院も20症例以上あります。

循環器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 210 3.03 4.40 0.48 69.14  
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 169 2.41 3.01 1.18 68.90  
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 106 2.33 3.15 0.00 69.69  
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 54 2.93 5.34 1.85 72.89  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 16.87 17.71 5.13 79.31  

 循環器内科では、上位3疾患を狭心症などの虚血性心疾患に対する入院が占めており、1番多い症例は、心臓カテーテル治療(経皮的冠動脈ステント留置術)目的のものでした。次いで心臓カテーテル検査目的の入院が多く、造影剤を血管に注入し狭窄を確認する冠動脈造影(CAG)検査を実施した症例が2番目、冠動脈造影(CAG)に加えてどの程度血流が低下しているかを確認する冠血流予備量比(FFR)検査を実施した症例が3番目でした。冠血流予備量比(FFR)検査は、冠臓脈造影(CAG)検査で狭窄があることを確認した後、その病変が心臓カテーテル治療(経皮的冠動脈ステント留置術)まで行うべき症例かそうでない症例かを判別する際に有用な検査です。件数は年々増加しており、2018年度より約30例増加しています。
 4番目は、下肢の閉塞性動脈硬化症に対するカテーテル治療です。平均在院日数は2018年度の3.6日から2.9日へ短縮しています。当院は、太ももの血管(浅大腿動脈)に対してステントと人工血管が組み合わされた器具(ステントグラフト)による血管内治療が実施可能である「浅大腿動脈ステントグラフト実施施設」に認定されており、循環器内科には浅大腿動脈ステントグラフト実施医が在籍しております。また、当院では循環器内科と下肢創傷を診療できる形成外科、透析センターを有する腎臓内科、疼痛管理に長けた緩和ケア科が連携し重症下肢虚血の診療を行う「下肢創傷治療センター」を有しており、下肢閉塞性動脈硬化症に充分対応できる体制を整え、徐々に成果を上げています。2020年1月には常勤の心臓血管外科医が着任し、体制がさらに強化されました。
 5番目に多かった疾患は、心不全に対する薬物療法等の治療目的入院でした。心不全は、うまくコントロールが出来なければ再発し、再入院を繰り返す場合もあります。しかし、薬物療法、運動療法、在宅酸素導入や生活習慣の改善など予防法はいろいろあり、それが奏功しているかをモニタリングすることが重要となってきます。当院では慢性心不全看護認定看護師を中心として多職種で心不全患者さんを適切に管理できているか評価をしています。
 当院では、心臓カテーテル治療や心不全の治療の評価を行いその結果をホームページ上で公開しております。当ホームページの「QI(クオリティーインディケーター)」の「診療領域別」-「心疾患」のページもご覧下さい。

小児科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2なし 49 2.57 3.81 0.00 2.63  
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 2.00 7.10 2.13 6.00  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 45 4.24 6.19 0.00 0.44  
030270xxxxxxxx 上気道炎 41 3.76 4.94 0.00 0.95  
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 4.95 5.69 0.00 3.12  

 小児科で一番多かった入院は、熱性けいれんの経過観察目的の入院でした。これは当院が湖南地域の小児救急輪番の8割をカバーし、多くの救急車を受け入れていることによります。
 2番目に多いのはてんかんの脳波検査を目的とした入院です。乳幼児の検査には鎮静薬の内服が必要になりますが、当院では安全に管理するため入院で検査を行っています。
 続いて多いのが、急性肺炎や急性気管支炎などの呼吸器感染症です。一般的に小児科の受診対象となる年齢は、0歳から15歳未満ですが、気管支炎や上気道炎の入院は、0歳~1歳が約9割を占めており、平均年齢も0.4歳となっています。在院日数は全国平均と比べ約2日短くなっていました。当科では個々の症例について、酸素投与、輸液、抗菌薬の必要性を検討し、一律の治療で児に不要な侵襲を加えることのないよう留意しています。

外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 125 4.50 4.85 0.00 67.78  
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 113 5.73 6.94 0.00 34.33  
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 81 4.41 5.45 0.00 37.41  
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 81 5.78 7.13 0.00 59.14  
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 11.03 15.02 0.00 69.78  

 外科では、鼡径ヘルニアを修復する治療目的の入院が多くなっています。当院では約8割を腹腔鏡下手術で実施しています。
 続いて、急性虫垂炎に対する抗菌薬治療目的の入院が多くなっていました。従来は直ちに手術を行うことが当然の治療と考えられてきましたが、緊急手術では癒着のために切開創が大きくなったり拡大手術が必要になったりすることが多く、創感染や腸閉塞などの術後合併症が発生するリスクも高くなります。そこで当院ではまず抗菌薬を投与し炎症を沈静化させた後、3~4ヵ月後に予定手術として虫垂切除(腹腔鏡下)を行うことを基本方針としており第3位の症例がこれに当ります。
 次に、胆嚢結石症や胆嚢炎に対して腹腔鏡下で胆嚢を摘出する手術目的の入院が多くなっていました。当院では9割以上を腹腔鏡下手術で実施しています。
 5番目に多いのが、大腸癌を外科的に切除するための入院でした。約9割を腹腔鏡下手術で実施しています。また、上表にありませんが、胃癌、直腸癌や乳癌を外科的に摘出するための入院も多くなっており、胃がんの6割、直腸癌の約9割を腹腔鏡下(うち、6割はロボット支援下手術)で実施しており。腹腔鏡やロボット支援を用いた低侵襲の手術が多いのが当院外科の特徴となっております。なお、胃癌に対するロボット支援手術も2020年度より導入予定です。

整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 178 22.49 25.94 78.65 79.76  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 91 24.89 23.56 6.59 75.30  
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 44 4.95 5.54 4.55 52.32  
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 41 24.63 21.53 7.32 71.20  
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 関節滑膜切除術等 41 6.34 7.12 0.00 45.98  

 整形外科での一番多い入院は、高齢者の大腿骨近位部骨折に対する手術症例でした。術式としては転子部骨折に対しては、髄内釘等を用いて骨癒合するまで固定する「骨折観血的手術」が一番多く、次に頚部骨折に対しては続発性の骨頭壊死の危険性のある骨折型に対して行う「人工骨頭挿入術」が多くなっています。(骨折型によってはスクリューによる骨接合術を行なうこともあります)また、術後2週間の時点で独歩で帰宅できない方に対して、回復期病院との地域連携クリニカルパスを使用し、回復期リハビリテーション病院への転院を推奨しています。結果、在院日数は全国平均よりも約3日短くなっており、その転院の割合は78.7%でした。
 次に多いのが、変形性膝関節症に対する手術目的の入院で①「人工膝関節置換術」②「膝関節周囲骨切り術」で骨切り術が特に増加傾向です。
 3番目に多いのが、前腕骨の骨折に対する手術治療で、前腕遠位部(母指側=橈骨)における骨折の症例が多く、中高年~高齢者の転倒時におきる骨折です。
 4番目は、変形性股関節症に対する「人工股関節置換術」でした。
 5番目は、平均年齢が46歳と比較的若い方の膝部半月板損傷に対する「半月板切除術」やスポーツ外傷等による靱帯損傷に対する「靱帯再建術」の入院が多くなっていました。

形成外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 12 10.92 12.55 0.00 68.75  
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 11 3.45 4.67 0.00 45.67  
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - - - -  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - - - -  
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 手術・処置等2なし - - - - -  

 形成外科での一番多い入院は、蜂窩織炎に対して抗菌薬(点滴加療)を行った症例でした。在院日数は全国と比べ約2日程度短くなっています。
 2番目に多い症例は皮下腫瘍や軟部腫瘍に対する切除目的の入院でした。
 続いて平均年齢が41歳と比較的若い方の「頬骨骨折」「眼窩底骨折」に対する手術目的入院、皮膚の悪性腫瘍に対する切除目的や熱傷や褥瘡に対する手術や処置目的入院の症例が多くなっていました。当院は専門的な手術手技を用いた悪性腫瘍後の組織再建も行っております。

脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 60 16.77 18.81 53.33 69.55  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 5.86 9.67 13.95 78.00  
010200xx99x00x 水頭症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 4.32 6.93 7.32 78.02  
010200xx01x00x 水頭症 水頭症手術 脳室穿破術(神経内視鏡手術によるもの)等 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 14.24 19.92 16.22 78.97  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 5.00 7.34 19.23 75.00  

 当院は3次救命救急センターと脳卒中センター(SCU)を備えています。くも膜下出血、脳出血、脳梗塞などの脳卒中や重症頭部外傷の症例が多数搬入され、これらの急性期診療は当院脳神経外科の特徴の一つです。脳神経外科で最も多い症例は脳出血です。小さな血腫を手術で摘出する必要はありませんが、急性期にはしばしば急変があり、出血源の脳血管奇形などが隠れていることがあるので、注意深い観察と検査を要します。多くの場合、急性期を乗り切ってもさらにリハビリテーションを続ける必要があります。当院は脳卒中地域連携クリニカルパスを使用し、地域のリハビリ専門医療機関と緊密に連携をとって、切れ目のないリハビリテーションに繋げています。その結果、転院率が53.33%と高くなっています。
 次に多い症例は、硬膜下血腫、硬膜外血腫、脳挫傷といった頭部外傷であり、しばしば救命のための緊急手術を要します。当院の頭部外傷手術例の平均在院日数は全国平均と比べて約4日間短くなっています。
 次に、水頭症に対する検査・治療の症例が多くなっていました。水頭症とは、脳脊髄液(髄液)が脳に過剰に溜まる病気で脳の真ん中にある脳室が拡大することで脳が圧迫され、頭痛や吐き気などの症状があらわれます。3位の症例は水頭症が疑われる方に腰から細い針をさし、実際に脳に溜まった髄液を抜く「タップテスト」という検査目的入院です。タップテストを実施したことで症状が改善された場合は、余分な髄液を生理的な範囲で他の体腔に流す役割をするシャントチューブとよばれるチューブを身体に埋め込む「シャント手術」が有効であり、4位の症例が該当します。
 集計上の関係でトップ5には入りませんでしたが、当院では動脈瘤に対する検査・治療の症例も多くなっています(合わせて50症例)。脳動脈瘤は破裂するとくも膜下出血を引き起こしますが、破裂リスクは総じて年間数%以下ですから、安易に手術すべきではありません。場所や大きさ、形などによって破裂リスクは異なるので、手術をするかどうかは個々の患者さんで慎重に判断すべきです。当院の脳動脈瘤手術は、小開頭でのクリッピング術が主体です。手術時間(平均2時間)、平均在院日数(平均10日)となっています。

産科・婦人科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし 51 2.00 3.13 0.00 39.98  
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 47 5.28 6.21 0.00 47.06  
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 40 8.58 9.66 0.00 34.55  
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 32 8.50 8.65 0.00 70.72  
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 28 7.14 9.71 0.00 45.36  

 産婦人科で一番多い症例は、子宮頚部の子宮頸部異形成や上皮内癌を摘出するための入院で、在院日数は全国平均と比べ約1日短くなっています。
 次に、卵巣の良性腫瘍に対して腹腔鏡下で腫瘍を摘出する手術が多くなっていました。当院では9割以上を腹腔鏡下手術で実施しています。
 続いて、予定された帝王切開での出産目的入院で、約8割が帝王切開の既往がありました。
 4番目に多いのが、膀胱瘤や子宮脱に対する手術目的入院で、当院では、2017年4月より骨盤臓器脱の専門外来を開始しています。5番目は、子宮筋腫に対する子宮全摘手術目的となっていました。

眼科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 738 2.49 2.78 0.00 74.62  
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 38 10.61 9.33 0.00 51.24  
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 25 3.68 7.53 0.00 73.52  
160250xxxx1xxx 眼損傷 手術・処置等1あり 20 4.30 9.03 0.00 71.75  
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 19 6.74 6.71 0.00 70.79  

 眼科で一番多い症例は、白内障に対しての水晶体再建術目的入院でした。濁った水晶体を取り除き、その代わりに人工の水晶体の挿入を行います。在院日数は全国平均と同程度となっています。
 次に網膜剥離、黄斑部の網膜前膜や糖尿病網膜症に対して施行される硝子体茎顕微鏡下離断術目的入院(2位、5位)や緑内障手術(3位)の入院が多くなっています。

耳鼻咽喉科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 44 4.16 5.45 0.00 41.52  
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 29 7.86 7.80 0.00 15.48  
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 29 6.38 6.80 0.00 52.72  
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 26 10.04 9.13 0.00 59.96  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 21 5.67 5.01 0.00 60.62  

 耳鼻咽喉科で一番多い症例は、急性扁桃炎、扁頭周囲膿瘍や急性咽頭喉頭炎に対する治療となっていました。これらは通常外来通院にて抗菌薬治療を行っていますが、疼痛により食事が摂れない場合(摂食不良・困難)や呼吸困難を生じた重症例に対しては入院での抗菌薬治療を行っています。
 2番目に多い症例は、急性扁桃炎が軽快しても繰り返す慢性扁桃炎、扁桃肥大による睡眠時無呼吸症候群やIgA腎症の治療に対する治療となる、口蓋扁桃摘出術目的入院となっていました。
 次に、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下手術目的の入院で、炎症で粘膜が腫れたりポリープが出来たりして空気や鼻水の通り道が塞がれた状態を手術によって解除します。在院日数は全国平均と同程度となっていました。
 4番目に多かったのは、顔面の神経麻痺に対するステロイド治療の入院となった症例、通常は外来通院での点滴治療を行っていますが、糖尿病がある場合や重症の麻痺に対する高用量ステロイド治療は入院での治療となります。

放射線科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120060xx97xxxx 子宮の良性腫瘍 その他の手術あり 24 2.00 4.91 0.00 44.38  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
 放射線科で一番多い症例は、子宮筋腫に対する血管塞栓術目的入院でした。足の付け根の動脈から、細い管(カテーテル)を挿入し、子宮筋腫の栄養動脈を閉塞させる治療で、子宮筋腫は栄養を絶たれ、大半の症例で過多月経や疼痛など子宮筋腫による症状は改善し、子宮筋腫も約半分以下の大きさに縮小したまま、子宮は温存されます。当院放射線科では、1997年12月に本治療を行って以来、子宮筋腫の有効な治療法の一つの選択肢として本治療に取り組んでおります。また、平均在院日数が全国平均4.91日に対して、当院は約半分の2日であり、短期入院、早期社会復帰を働きかける体制となっています。
脳神経内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 77 14.86 16.13 27.27 71.45  
010060x2992401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 29 14.07 18.40 13.79 67.93  
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 27 14.67 18.24 29.63 76.93  
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 20 6.70 6.22 0.00 70.95  
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 15 13.67 16.16 26.67 78.93  

 脳神経内科で多く扱っている症例は脳梗塞に対する治療目的入院で合計373件ありました。その中でも、血をさらさらにしたり血を固まりにくくする薬を投与する「抗血栓療法」や脳の腫れを抑える薬を投与する「抗脳浮腫療法」、発症後24時間以内に使用可能で神経細胞を保護するエダラボンという薬を投与する「脳保護療法」という治療を併せて行った症例が77件と一番多くなっております。次に脳血管造影検査を併せて行った症例(上記表のDPCコード:010060x2992401の症例、29件)、心房細動がある症例(上記表のDPCコード:010060x2990411の症例、27件)が続いています。
 次に多い症例は、一過性脳虚血発作に対する治療目的入院でした。一過性脳虚血発作は、一時的に麻痺やしびれ、脱力などの神経障害、めまい、呂律困難、視力障害が出現し、数十分で症状が消失する疾患です。ですが、脳梗塞の前兆とも言われており、脳梗塞に移行するリスクが高いため、速やかな原因の検索と治療(抗血栓療法)を実施し、脳梗塞の発症を防ぐことが重要となってきます。
 厚生労働省が公開しているデータ(※)を見ると、当院は滋賀県の中で非常に多くの脳梗塞を含めた脳卒中の患者さんの治療を行っていることが分かります。当院は脳卒中センター(SCU)を備え、「脳卒中専門医」が当科のほか脳神経外科や救急集中治療科に合計8名在籍し、更に当科には「脳血管内治療学会専門医」が1名在籍しており、脳神経内科・脳神経外科・救急集中治療科・放射線科が協力して超急性期治療を積極的に行っております。治療成績等の詳細につきましては、当ホームページの「QI(クオリティーインディケーター)」の「診療領域別」-「脳卒中」のページをご覧下さい。
(※)『平成30年度DPC導入の影響評価に係る調査「退院患者調査」の結果報告について』

泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 82 6.48 7.07 1.22 72.23  
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 80 2.03 2.49 0.00 71.59  
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 49 11.63 12.18 0.00 67.12  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 副傷病なし 37 6.16 5.61 0.00 61.84  
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 35 2.00 2.64 0.00 53.63  

 泌尿器科では、指導医3名、専門医1名、他2名の合計6名体制で診療を行っております。
 1番目に多かったのは、経尿道的に内視鏡を挿入し膀胱癌を切除する目的の入院が多くなっていました。在院日数は全国平均と同程度となっています。
 次に前立腺癌が疑われたため経直腸超音波下に前立腺を確認し組織採取を行うための入院が多くなっていました。当院ではMRI/超音波融合生検という新しい前立腺検査法を導入しました。高解像度MRIでの異常部位を正確に狙い撃つことができるため繰り返し生検を受ける必要がほとんどなく、さらに前立腺のどこにがんがあるのか正確に記録することできるので、より丁寧な手術や他の治療を行うことが可能となります。
 3番目に多かったのが2017年7月に導入した手術支援ロボット(ダビンチ)を用いた前立腺癌の摘出目的の入院となりました。ロボット支援手術では、従来の開腹手術より傷が小さく出血量も少ないため、術後の回復が早いというメリットがあります。当院では前立腺癌の他に腎癌や膀胱癌においても手術支援ロボットを用いた手術を行っており実施件数も増加しています。
 続いて尿路結石を経尿道的に除去する手術目的入院(4位)と体外で発生させた衝撃波を体内の尿管結石に集中させ結石を破砕させる治療目的入院(5位)が多くなっていました。

糖尿病内分泌内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 55 12.51 13.72 0.00 57.67  
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 14 15.21 14.10 0.00 64.21  
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -  
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 - - - - -  
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 - - - - -  

 糖尿病内分泌内科で一番多い症例は、2型糖尿病に対し療養指導や血糖コントロール、インスリン導入を行う入院となりました。診断群分類の設計上、インスリン製剤の使用の有無や合併症の有無で分類が詳細に分かれますが、2型糖尿病の患者さんの入院は合わせて73症例ありました。平均在院日数は、全国と同程度となっています。また、糖尿病治療中の患者さんが様々な原因で低血糖やケトアシドーシスを起こし緊急入院となった症例も多くなっています。
 当院では患者さんの血糖値をモニタリングしながら最適な治療を選択し、糖尿病診療の質向上を図っています。詳しくは、当ホームページの「QI(クオリティーインディケーター)」の「生活習慣病・慢性腎疾患」-「糖尿病患者さんの血糖コントロール」のページをご覧下さい。
 上表にはありませんが、高血圧や低カリウム血症の原因の一つである原発性アルドステロン血症や副腎腫瘍に対する精査目的入院もあり、当院には内分泌学会専門医が在籍しており、内分泌疾患が疑われる患者さんに対し、スクリーニング検査や負荷試験等の精査を実施しております。 

救急科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 74 2.57 7.34 0.00 16.28  
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 2.54 3.52 0.00 36.44  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 39 10.18 12.58 10.26 81.33  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 12.35 20.84 9.68 83.35  
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 5.89 9.11 29.63 37.63  

 救急集中治療科で一番多い症例は、頭部外傷が主訴で保存的に経過を観察するための入院でした。当院の平均在院日数は全国と比べ短く、平均年齢は16歳と若年者が多くなっています。当院には小児救急専門医が在籍しており、小児患者の救急案件に対応出来ることが要因として考えられます。続いて、薬物中毒(その他の中毒)に対して治療を行った患者が多くなっています。薬物中毒(その他の中毒)には、薬物の過量服薬の他に、一酸化炭素中毒や蜂刺症などに対して治療を行った患者も含まれています。
 3番目、4番目に多かったのが尿路感染症や誤嚥性肺炎などの感染症に対して治療を行った患者でした。
 5番目に多かったのが、気胸に対する治療を行った症例です。気胸は何らかの原因により肺から空気が漏れて、胸痛や呼吸困難などの症状が出現します。治療としては、ドレーンを胸腔内に挿入し、漏れている空気を体外に脱気することが第一選択となります。
 当院は3次救命救急センターやドクターヘリ・ドクターカーの設備を備えており、外傷から内科疾患まで幅広い疾患に対応していることが、救急集中治療科の特徴です。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 79 13 26 53 - 18 1 7,8
大腸癌 45 38 83 80 25 47 1 7,8
乳癌 20 14 - - - 10 1 7,8
肺癌 - - 26 56 27 - 1 7,8
肝癌 - 12 - 0 - 17 1 7,8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 我が国に多いがんの部位とステージ別の患者数です。入退院を繰り返す患者さんもそれぞれ1とカウントされています。当院では特に胃癌、大腸癌の患者さんが特に多くなっています。肺癌のステージ不明数が多くなっていますが、これは肺癌と診断するための検査目的入院の症例が該当しました。このような場合では、がんと診断がついてから退院後に外来にて遠隔転移などの精査を行います。よって検査入院時はステージの確定が不可能であるため、この場合「不明」と入力するよう登録上のルールがあるためです。
 他の指標も見て頂ければ分かりますが、当院では内視鏡治療、腹腔鏡下手術や血管内治療などの低侵襲治療件数が多くなっています。また、当院にはがんセンターが設置されており、多職種のチームが機能し患者さんに安心・安全の医療を提供できるよう努めています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症 13 8.62 56.46
中等症 132 13.94 79.98
重症 42 17.95 82.17
超重症 15 16.27 84.33
不明 0 0.00 0.00
 肺炎の重症度は、A-DROPスコアを用いて分類しています。A-DROPとは、状態を確認する5つの項目(Age(年齢)、Dehydration(脱水)、Respiration(呼吸)、Orientation(意識障害)、Pressure(収縮期血圧))の頭文字をとったもので、例えば、重症度0は軽症で基本は外来のみ、1~2は中等症となり、外来若しくは入院となります。重症となると入院の適応、超重症ではICUなどの集中治療が必要な状態と判断されます。
 当院では、軽症から重症まで幅広い患者さんの診療を行っています。軽症は比較的若年層で治療期間も短いですが、年齢も上がるにつれ、重症度も上がり治療期間も長くなっていることが分かります。
 肺炎・嚥下サポートチームがあり、医師、看護師、リハビリスタッフ、管理栄養士や事務職がチームとなり、肺炎患者さんを様々な側面からサポートしています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内 319 18.94 75.55 33.33
その他 35 15.00 75.23 2.82
 脳の血管が詰まることで起きる脳梗塞の患者数は高齢化に伴い増加傾向にあり、脳出血やくも膜下出血などを合わせた「脳血管障害」は日本人の死因の第4位を占めていて、中でも脳梗塞が一番多くなっています。
 当院では、超急性期脳梗塞の患者さんの治療を積極的に行い、地域における急性期病院の機能を果たすことを目的に、2017年2月に滋賀県下最大規模の「SCU(stroke care unit;脳卒中ケアユニット)」を開設しました。これにより、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)の専門医が常時院内に待機し、脳卒中の治療を迅速に行うことが可能となります。脳卒中の患者さんを搬送直後より脳卒中の専門医と専門医療スタッフがチームを組み24時間365日対応します。更に当院では、脳卒中に関連する様々な指標を毎年測定し、診断や治療の質向上を図っています。
 上表では、脳梗塞の患者さんの約8割が発症当日を含む3日以内に救急搬送や直接来院され、また、急性期治療を終えた約3割の患者さんが他施設へリハビリテーション目的等のために転院されていることが分かります。
 脳梗塞治療は、病歴、身体所見及び神経学的所見を迅速に把握し早期に開始することが重要です。医療者側と救急隊との地域チーム医療の実践も必要としますが、患者さんや周りの人が異変に気づき、できる限り早く病院に来て頂くことも非常に重要となってきます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 101 0.68 1.14 0.99 70.14  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 85 3.56 10.75 4.71 76.45  
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 53 6.85 10.49 0.00 67.23  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 44 1.07 6.32 0.00 68.57  
K654 内視鏡的消化管止血術 43 1.09 9.65 11.63 71.79  

 当院は3次救命救急センターを有しており、24時間365日専門医が内視鏡的検査・治療に対応しています。消化器内科における手術の上位を占めているものは、胆道結石症の良性胆管狭窄や胆管癌、膵癌などの悪性疾患などが原因となった閉塞性黄疸や急性胆管炎に対する処置(2番目)、胃や大腸などの消化管からの出血に対する止血術(5番目)など、緊急性が高い疾患に対する処置となっていました。また、上表にありませんが、当科では胆のう炎の患者さんに対して皮膚から針を刺してチューブを胆嚢内に挿入し、胆汁を体外に出す処置も多く施行しています。
 さらに、大腸ポリープや腺腫を切除する症例(1番目)、続いて抗がん剤などの一部の薬剤や高カロリー輸液を長期間安定して点滴するために中心静脈にカテーテル(細い管)を入れる手技(3番目)や早期胃癌の患者さんに対する内視鏡的に切除する症例も多くなっています(4番目)。当院では拡大内視鏡診断やNBI診断を用いた上部消化管検査により早期胃癌の発見に努めており、治療についてはガイドラインに従い、局所療法で治癒と考えられるものについては広範囲一括粘膜切除を施行しています。

循環器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 163 0.82 1.98 0.00 68.59  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 70 0.69 2.39 4.29 72.69  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 45 0.02 9.07 4.44 69.13  
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 35 1.29 2.14 0.00 70.11  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 33 0.06 16.00 9.09 68.97  

 当院は3次救命救急センターとして、24時間循環器内科専門医が対応できる体制を整えており、急性心筋梗塞や不安定狭心症などの虚血性心疾患に対する心臓カテーテル治療の症例が多くなっています(1、3、4、5番目)。心臓カテーテル治療は、腕や足の付け根の血管からカテーテルと呼ばれる細い管を心臓まで通し、冠動脈の閉塞や狭窄している部分を、風船やステントなどを用いて治療する方法です。患者さんの症状や検査結果によって、来院後直ぐに緊急で治療を行う場合や薬物治療を行って経過をみる場合もあります。 治療成績等の詳細につきましては、当ホームページの「QI(クオリティーインディケーター)」の「診療領域別」-「心疾患」のページをご覧下さい。
 次いで、下肢閉塞性動脈硬化症に対するカテーテル治療を多く実施しています。当院は、太ももの血管(浅大腿動脈)に対してステントと人工血管が組み合わされた器具(ステントグラフト)による血管内治療が実施可能である「浅大腿動脈ステントグラフト実施施設」に認定されており、循環器内科には浅大腿動脈ステントグラフト実施医が在籍しております。また、当院では循環器内科と下肢創傷を診療できる形成外科、透析センターを有する腎臓内科、疼痛管理に長けた緩和ケア科が連携し重症下肢虚血の診療を行う「下肢創傷治療センター」を有しており、下肢閉塞性動脈硬化症に充分対応できる体制を整え、徐々に成果を上げています。2020年1月には常勤の心臓血管外科医が着任し、体制がさらに強化されました。

小児科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 36 0.00 8.86 0.00 0.00  
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) - - - - -  
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - -   -  
出生時の新生児に見られる呼吸障害や循環不全を総称したものを新生児仮死といい、それに対する気道吸引、皮膚刺激や酸素投与などによる蘇生を新生児仮死蘇生術といいます。お腹を切るなどの一般的な手術ではありませんが、公開の条件上計上されます。当院では、産科医師が仮死のリスクがあると判断した症例には小児科医が分娩に立ち会い、迅速に蘇生術が開始できるようにしています。また、予測不可能な仮死に対応するために、産科医、助産師も蘇生術の講習を受けています。
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 101 1.13 2.54 0.00 67.08  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 101 4.26 4.29 1.98 59.57  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 79 0.96 2.42 0.00 36.63  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 52 2.48 8.13 0.00 69.23  
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 24 2.67 22.21 4.17 68.54  

 当院外科では低侵襲治療である腹腔鏡下手術を積極的に行っており、腹腔鏡下の術式が大半を占めています。腹腔鏡下手術の利点は、傷を小さくし、手術後の痛みを軽減させ回復を早め、結果として少ない日数で退院が可能であることです。
 当院では10年以上前から癌の腹腔鏡下手術を実施しており、日本内視鏡外科学会消化器・一般外科技術認定医(胃;2名・大腸;2名)が在籍し、大腸癌(結腸・直腸)手術の約80%以上、胃癌手術の約60%以上を腹腔鏡下で実施しています。特に大腸癌の腹腔鏡下手術数は年間約80件ほど実施しています。さらに、平成30年8月より直腸癌に対するロボット支援手術を導入し、胃癌に対するロボット支援手術も今年度より導入予定です。なお、当院外科では上表にあるような良性疾患に対しても腹腔鏡下手術を積極的に実施しており、年間の合計で400件程度になります。

整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 165 1.82 16.61 60.61 73.61  
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 132 1.64 22.19 6.82 73.65  
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 86 3.20 14.28 9.30 54.81  
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 65 3.74 20.54 76.92 80.05  
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 53 0.87 2.45 0.00 43.85  

 当院は3次救命救急センターのため、重症外傷の患者さんが頻繁に救急搬入されます。若年者の高エネルギー外傷は自動車の安全性が向上した近年では減少傾向ですが、社会の高齢化に伴い高齢者の転倒による大腿骨近位部骨折症例は増加傾向にあり、その骨折に対する手術が最も多くなっています(1番目、4番目)。独居や老々介護の生活形態の高齢者骨折患者さんに対し早期離床を目的に受傷後早期の手術を目標としており、術前平均在院日数はそれぞれ1.82日、3.74日です。骨接合術と比べ侵襲の高い人工骨頭挿入術については高齢者リスク評価に術前日数を要するようです。また、スムーズに在宅復帰が出来るようリハビリテーション治療は術後のみならず術前から行い、術後は、地域の回復期リハビリテーション病院と連携した医療を行っています。
 2番目に件数が多い変形性関節症(股関節や膝関節)に対する人工関節置換術は、血液汚染・感染防止を目的に防護服およびクリーンルームで行うように努め入院期間も約2~3週間です。
 3番目に件数の多い前腕や下腿に対する骨折観血的手術は、スポーツや事故などで転倒し足を捻ったり手をついたりした事故で受傷した患者さんが多いためであり、平均年齢は54歳と比較的若い傾向にありました。
5番目に多いのが、骨折治療で用いた内副子(スクリューやプレートなど)を骨癒合後に抜去する「骨内異物除去術」でした。

脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 61 0.75 4.57 9.84 77.67  
K1742 水頭症手術(シャント手術) 40 4.38 11.00 20.00 77.88  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 28 0.71 16.93 14.29 62.93  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 22 0.64 29.91 63.64 67.50  
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 16 3.63 9.56 6.25 72.88  

 当院は3次救命救急センターを有しており、脳神経外科でも多数の緊急手術が行われています。脳神経外科で最も多い手術は、慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術でした。頭部打撲から数週間以上経って、脳表に徐々に血液が貯まり、認知や運動、言語などに障害をきたす疾患で、高齢者に多発します。手術で速やかに改善することが多く、平均術前日数は0.75日、平均術後日数は4.57日でした。
 次に多い手術は水頭症手術でした。水頭症は、過剰に貯留した脳髄液が脳を圧迫して、認知や歩行などの障害をきたす疾患です。くも膜下出血や頭部外傷に併発しますが、高齢者では特定の誘因のない特発性水頭症が多くなります。体内に特殊なチューブを留置して脳髄液を腹腔内へ流すシャント手術が有効です。
 3番目に多い手術は脳動脈瘤頸部クリッピングでした。脳動脈瘤にはくも膜下出血をきたした破裂動脈瘤と、検診などで発見された未破裂動脈瘤があります。当科では小開頭によるクリッピング手術を行うことが多く、手術時間は約2時間です。近年ではカテーテルによる治療も可能になっていますので、治療方針はカテーテル専門医と協議して判断しています。破裂症例では出血による脳障害が残ることがあり、切れ目無くリハビリテーションを続けることが大切であるため、当院では地域の回復期リハビリテーション病院と緊密に連携をとっており、転院率は約17%となっています。
 4番目は脳出血に対する頭蓋内血腫除去術でした。脳出血は破壊性病変のため、現在の医療技術を持ってしても後遺障害が免れないことが多くあります。それでも急いで血腫を除去して減圧すれば、その救命率を改善させ、後遺障害を軽減できることもあるため、様々な工夫をして手術を行っています。
 5番目は頸動脈血栓内膜剥離手術(CEA)でした。頸部の頸動脈が動脈硬化によって狭くなり、脳梗塞を引き起こすリスクが高い場合に、頸動脈を切開して内腔(血管壁)を広げる手術です。多くは予防的手術であり、100%近い成功率が求められます。近年ではカテーテル治療も可能になっていますので、治療方針はカテーテル専門医と協議して判断しています。。

産科・婦人科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 54 0.91 3.44 0.00 45.70  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 51 0.00 1.00 0.00 39.98  
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 38 2.53 6.71 0.00 34.55  
K802-21 膀胱脱手術(メッシュ使用) 23 1.65 6.26 0.00 71.09  
K877 子宮全摘術 22 1.41 6.09 0.00 47.82  

 産婦人科で最も多い手術は、卵巣腫瘍や卵巣のう腫などに対する子宮付属器腫瘍摘出術で54件の施行がありました。腹腔鏡を用いた低侵襲の術式で術後約4日程度での退院が可能です。
 2番目は、子宮頸部異形成や上皮内癌の確定診断や治療を行う際に実施される子宮頸部(腟部)切除術となっていました。
 3番目は選択帝王切開術で、主に帝王切開の既往がある方に対する予定手術となります。
 続いて、膀胱瘤や子宮脱に対する手術、子宮筋腫に対して子宮を取り除く手術となっていました。

眼科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 740 0.49 1.01 0.00 74.55  
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 64 0.44 8.00 0.00 60.00  
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 34 0.79 4.03 0.00 68.29  
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 22 0.45 1.27 0.00 73.27  
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) - - - - -  
 眼科で最も多い手術は、白内障に対して施行される水晶体再建術で、眼科で入院される患者さんの約8割を占めていました。次いで多い手術は、網膜剥離や糖尿病網膜症に対して施行される硝子体茎顕微鏡下離断術で、患者さんの状態により水晶体再建術と同時に施行される場合もあります。また、緑内障手術を22件施行しており、硝子体茎顕微鏡下離断術と同様に患者さんの状態により水晶体再建術と同時に施行される場合もあります。
耳鼻咽喉科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 39 1.00 6.49 0.00 24.54  
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 22 0.95 4.45 0.00 54.32  
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 12 0.33 3.17 0.00 46.50  
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) - - - - -  
K347-3 内視鏡下鼻中隔手術1型(骨、軟骨手術) - - - - -  

 耳鼻咽喉科で最も多い手術は口蓋扁桃摘出術です。若い方に多い急性扁桃炎を繰り返す場合や扁桃肥大による睡眠時無呼吸症候群に対する治療となります。また、腎臓内科と連携しIgA腎症の治療として施行される場合もあります。平均年齢が24.54歳と若年層の患者さんが多いことが分かります。
 2番目は、炎症で粘膜が腫れたりポリープが出来たりして空気や鼻水の通り道が塞がれた状態である慢性副鼻腔炎に対し、手術によって解除する内視鏡下鼻・副鼻腔手術が多くなっていました。同じ副鼻腔に対する手術でも、副鼻腔の左右それぞれにある4つの空洞(前頭洞、上顎洞、篩骨洞、蝶形骨洞)に対し何カ所手術しているかで術式が細かく分かれており、当手術は2箇所以上の洞に対する手術となります。上表にはありませんが、他にも1箇所のみや4箇所全てに対してなど症状に応じて手術を行っており、年間の副鼻腔手術件数は約30例となります。
 次に甲状腺腫瘍を摘出する甲状腺部分切除術、肥厚性鼻炎などに対する手術が多くなっていました。

放射線科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) 25 0.00 1.00 0.00 43.88  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
 放射線科では、足の付け根の動脈から、細い管(カテーテル)を挿入し、子宮筋腫の栄養動脈を閉塞させる血管塞栓術を実施しています。この治療により子宮筋腫は栄養を絶たれ、大半の症例で過多月経や疼痛など子宮筋腫による症状は改善します。さらに、子宮筋腫も約半分以下の大きさに縮小したまま、子宮は温存されます。当院放射線科では、1997年12月に本治療を行って以来、子宮筋腫の有効な治療法の一つの選択肢として本治療に取り組んでいます。
脳神経内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 34 0.41 23.26 67.65 77.94  
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 11 6.73 17.64 45.45 77.64  
K178-2 経皮的脳血管形成術 10 2.30 19.70 60.00 71.90  
K6101 動脈形成術、吻合術(頭蓋内動脈) - - - - -  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -  

 脳神経内科で行う手術では、脳梗塞の原因となった詰まった血栓を特殊な形状のカテーテルで除去する「経皮的脳血栓回収術」が一番多くなっていました。現在の脳梗塞治療の主流である「rt-PA点滴静注療法」を含む内科治療に当手術を追加することで患者さんの生活の自立度が上がるという研究報告もあり、ガイドラインでも強く推奨されています(脳卒中治療ガイドライン2015 [追補2017]※1)。当院脳神経内科には「脳神経血管内治療専門医」が在籍しており、脳神経外科や放射線科などとチームを組んで実施しています。
 次に、頸部頸動脈や脳動脈が狭窄し脳梗塞を発症した患者さんや脳梗塞のリスクが高い患者さんに対し、ステントを留置したりバルーン(風船)を狭窄部で膨らませて血管を拡張したりすることで動脈を拡げ血流を改善する手術が多くなっていました。
 また、脳梗塞や筋萎縮性側索硬化症などから起こる嚥下障害により、口から充分に栄養が取れない患者さんに対して行う胃瘻造設術も多くなっています。

 ※1)治療の適応か否かは、医師が診察し判断します。

泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 82 1.82 4.16 1.22 72.13  
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 49 1.00 9.63 0.00 67.12  
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 35 0.00 1.00 0.00 53.63  
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 28 1.21 6.96 3.57 72.89  
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 23 1.04 4.35 0.00 61.57  

 泌尿器科で最も多い手術は、膀胱癌に対する経尿道的膀胱悪性腫瘍手術です。尿道から内視鏡を挿入し腫瘍を切除する手術となります。
 次に多いのが、2017年7月に導入した手術支援ロボット(ダビンチ)を用いた前立腺癌を摘出する手術でした。ロボット支援手術では、従来の開腹手術より傷が小さく出血量も少ないため、術後の回復が早いというメリットがあります。当院では前立腺癌の他に腎癌や膀胱癌においても手術支援ロボットを用いた手術を行っており実施件数も増加しています。
 3番目に、尿管結石や腎結石に対する体外衝撃波腎・尿管結石破砕術で、衝撃波を体内の結石に当て破砕し、体外へ排出させる手技です。平均年齢が55.63歳と比較的若い患者さんが多くなっています。同じく尿管結石に対し、経尿道的に尿管鏡を操作してレーザーで破砕する手術が5番目に多くなっています。

腎臓内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 22 0.86 1.32 4.55 71.86  
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 14 4.14 3.71 0.00 67.43  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

 腎臓内科で最も多い手術は「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」でした。これは、「内シャント設置術」で作製した血管が閉塞や狭窄を起こした際に、拡張、血栓除去する手術です。従来はシャントを再作製しておりましたが、本手術であれば、短時間で治療が可能で、身体への負担を少なくすることができます。
 2番目に多い手術は「内シャント設置術」でした。血液透析を行うためには、血管から血液の出入り口を確保しなければなりません。静脈は穿刺をし易いのですが血流が少なく血液の出入り口として使用するには不十分です。そこで内シャント設置術という静脈と動脈をつなぎ合わせる手術を行うことで静脈の血流を増やし、血液の出入り口として使用できるようになります。一般的に利き腕とは逆の手首の血管がよく使用されます。

血液内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 12 15.50 16.08 8.33 69.42  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

 中心静脈とは、心臓の近くにある太い静脈のことで、血液の流れが速く、薬剤を入れてもすぐに血液で希釈されます。一方、手足の細い血管は、一部の薬剤(抗がん剤や昇圧剤など)や高栄養の輸液(高カロリー輸液)を点滴すると、すぐに血管の炎症(血管炎)を起こしてしまいます。以上の理由から、抗がん剤などの一部の薬剤や高カロリー輸液を長期間、安定して点滴するためには、中心静脈にカテーテル(細い管)を入れる必要があります。今回の公開条件上計上されます。
 血液内科では、悪性リンパ腫や白血病などの造血器腫瘍の患者さんに対し化学療法を行う際に用いています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 - 0.07
異なる - 0.08
180010敗血症同一 72 0.69
異なる 12 0.12
180035その他の真菌感染症同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040手術・処置等の合併症同一 47 0.45
異なる - 0.02

 ここに挙げられている傷病名については、治療を行う上でゼロにはなり得ないが、少しでも改善すべきものとして挙げられている疾患です。入院契機欄の「同一・異なる」については、患者さんが入院ときっかけとなった病名や症状と最終的な診断名が同一か異なったかという意味となります。
 当院は3次救命救急センターを有しており、上表にあるような敗血症や播種性血管内凝固症候群(DIC)を発症するなどした重篤な患者さんやその他重症患者さんが、他施設から紹介されたり救急搬送されるなどしています。また、当院では様々な疾患を持った患者さんが多く、術後に播種性血管内凝固症候群や敗血症を発症することがありますが、適切に治療を行っています。
 手術や処置の合併症については、細心の注意を払い実施しても一定の割合でどうしても発生するものでありゼロにはなりません。当院では患者さんへ手術や検査などの治療方法を説明する際には、代替的治療法があればその内容と手術処置の危険性や起こり得る合併症も含めてご理解頂けるまで十分説明を行い、ご理解頂いた上で同意を頂くよう努めています。

更新履歴
2020/9/30
令和元年度実績へ更新しました。
2019/9/30
平成30年度実績へ更新しました。
2018/9/28
平成29年度実績へ更新しました。
2017/9/29
平成28年度実績へ更新しました。
2016/9/28
『DPCデータによる病院情報の公表』を公開しました。