病院紹介

2.がん患者リハビリテーション実施率

項目の解説

近年、我が国では高齢化に伴い、2017年に新たに診断されたがんは男性558,869例、女性418,510例で総数は約100万人です。また2018年にがんで死亡した人は男性218,625人、女性154,959人で総数は約38万人と、一部のがんを除き、がん患者数は増加しています。

 

しかし、早期診断・治療など医療技術の進歩から、多くのがんの死亡率は年々減少傾向にあります。2009年から2011年に診断されたがん患者さんの 地域がん登録での全癌の生存率は、5年生存率男性66%、女性66.9%と改善しています。従って がん治療を終えた、あるいは治療を受けつつある患者さんは増加傾向にあり、がんが“不治の病“であった時代から、”がんと共存“する時代になりました。

 

近年では、がん自体に対する治療のみならず、症状緩和や心理・身体面からのケアから療養支援、復職などの社会的支援の重要性が指摘されています。この新しいがんと共存する時代の医療のあり方として、特にリハビリテーションの必要性が強調されています。  がんに罹患すると日常生活動作(Activities of daily living:ADL)に制限を生じ、生活の質(Quality of life: QOL )を低下させてしまいます。がんのリハビリでは、これらの問題に対して、二次障害を予防し、機能や生活能力の維持改善を図ることを目的としています。

 

 

 

 

 

定義・計測方法

※当該年度中の複数回の入院で当該リハビリテーションを実施している患者は、その入院ごとに「1」とカウントしている。

※ がんリハビリ対象患者のうち、他疾患リハビリを算定した患者は分母から除外している。

 

 

年推移

 

 

 

当院では平成25年3月よりがん患者リハビリテーションを行っています。
現在、医師6名、看護師7名、理学療法士(PT)12名、作業療法士(OT)6名、言語聴覚士(ST)2名が、がん患者リハビリテーション研修を終了し、がんリハビリを行っています。

リハビリテーション科では 医師、看護師、薬剤師、管理栄養士と連携し、患者さんの情報共有を行い、がん患者リハビリテーションに関わっております。がん治療前から体力低下予防目的にリハビリを行える体制を整えており、2019年度は延べ1,456人の患者のリハビリを行い、介入人数は年々増加しています。

当院では2018年度から入院がん治療患者に対するがん患者リハビリテーションの実施率の集計を開始しました。2019年度は全がん治療入院患者の約76%のリハビリを実施しました。全てのがん患者さんのリハビリに介入出来るように、チームで取り組んでいきたいと考えております。

文責          リハビリテーション技術科 がんリハビリチーム