病院紹介

4.卒後臨床研修

項目の解説

良質な医療を提供するには、優れた人材の確保も必要な要素の1つです。2004年から導入された新臨床研修制度では、全国の研修医施設とすべての応募医学生を対象としたマッチング(※1)が行われます。


当院を希望する医学生が多い程、その中から優秀な人材を選抜できる状況にあると言えます。また、様々な理由から研修医の受入れができない病院もあります。こういった現状から、研修医を毎年採用できることは、病院の臨床・教育・医療機器等、総合的に評価されていると判断できます。
本指標は、当院を希望する医学生がどの程度存在するかを示しています。

※1…医師免許を得て臨床研修を受けようとするもの(研修希望者)と臨床研修を行う病院(研修病院)とを、研修希望者および研修病院の希望を踏まえて、一定の規則(アルゴリズム)に従って、コンピュータにより、効率且つ透明性を確保して組み合わせを決定するシステム

 

 

募集定員に対する応募者の割合

定義・計測方法

 

年次推移

参考値
出典 : 医師臨床研修マッチング協議会 平成29年度研修医マッチングの結果
           (希望順位表を登録しなかった参加者数243名を除く)

 

 

全国の研修施設の総定員数は、卒業医学生数よりもかなり多い状態であるにも関わらず、当院のプログラムを希望される医学生は当院の定員(9名)を上回っており、全国平均を大幅に超える倍率が続いています。最終的に、平成29年度のマッチ者数9名(100%)という結果となりました。

当院は、平成23年2月17日に「NPO法人卒後臨床研修評価機構」という第三者による外部評価を臨床研修指定病院として滋賀県内では初めて受審し「認定4年」の評価結果を頂きました。

受審後、体調管理や医療事故防止等の観点から研修医の処遇規定を改定しました。平成26年度に臨床教育部を設置して、医療技術向上のためにスキルスラボの整備しました。また、死亡診断書の記載方法など医療技術以外の教育の充実を図るなどの改善を重ね、平成28年4月1日付けで再度「認定4年」という評価を頂きました。

この評価機構は、国民に対する医療の質の改善と向上をめざすため、臨床研修病院における研修プログラムの評価や研修状況の評価を行い、臨床研修病院のプログラムの改善、よい医師の養成に寄与することを目的に訪問調査を通して教育的評価を行うものです。いくつか改善する点はありますが高い評価を得ることができました。これを踏まえたうえで、医学生に選ばれる研修病院として、受審結果に慢心することなく、更なる施設整備と継続的な改善に取り組んでいます。

また、卒後臨床研修の充実は将来の病院の担い手を育成・確保し、臨床研修医の指導にあたる上級医にとっても教えることで、教育・医療水準がより向上すると考えています。

当院の特色ある臨床研修が多くの医学生に受け入れられるよう、今後も更にプログラムや環境を充実させていきます。