病院紹介

2.急性脳梗塞患者さんの血栓溶解薬投与率

項目の解説

2005年10月に血栓溶解薬である組織プラスミノーゲンアクチベーター(rt-PA:アルテプラーゼ)静注療法が日本でも保険診療として治療を行うことが承認され、発症後4.5時間以内※の超急性期脳梗塞の症例では、臨床病型を問わずrt-PA静注療法の適用の有無を決定することが重要になりました。超急性期にrt-PA静注療法を実施することにより、後遺症なく社会復帰できる可能性が高くなります。


しかし、rt-PA静注療法の実施に際しては、経験を積んだ専門の医師が適切な設備を有する施設において、患者さんの状態などが適応要件を満たす場合に実施するなどの厳格な適応制限があります(日本脳卒中学会「rt-PA:アルテプラーゼ静注療法適正治療指針」)。よって、発症後4.5時間以内であっても、患者さんの禁忌事項などで適用要件を満たさないために、実施できない場合があります。


この指標は、急性脳梗塞患者さんにどの程度rt-PA静注療法が実施されているかをみる重要な指標です。

 

【解説】
「rt-PA(recombinant tissue plasminogen activator)遺伝子組換え型組織プラスミノーゲン活性化因子」とは、血管内を閉塞した血栓を溶解する生体内の蛋白質分解酵素であるプラスミンを活 性化する。通常は血管内皮細胞から分泌されるが、遺伝子組み換技術により製剤化したもので、強力な血栓溶解薬です。出血の可能性の高い患者さんには使用で きません。

※平成24年8月31日よりrt-PAの使用基準について、脳梗塞発症後3時間以内の使用から発症後4.5時間以内へ変更になりました。

 

定義・計測方法

※発症から4日以内で、入院主病名が脳梗塞であった患者さん

 

年推移

 

 

当院は、脳卒中センターを設置し、専門の医師が24時間オンコール体制で治療を行える環境を整えています。

特に、脳梗塞では発症からの時間経過、重症度や臨床病型により選択できる治療法が異なるため、速い診断と治療の開始が重要となります。

rt-PA静注療法の適応は発症後4.5時間以内で、日本脳卒中学会「rt-PA:アルテプラーゼ静注療法適正治療指針」を遵守し、チェックリストの適応要件を満たす場合に、患者さん(ご家族)へ治療についての説明を行い、同意を得て実施しています。

よって、急性脳梗塞の診断であっても適応外となる場合や、発症から病院到着までの時間、患者さんの既往歴、患者さん(ご家族)の治療に対するご意思も影響するため、単純に比較し評価することはできませんが、当院の平成29年における脳梗塞患者に対する投与割合は15.6%と2014年から投与率は10%を超え、件数も増加し40件を超えるまでに至りました。平成26年から、搬送から1時間以内にt-PA治療開始することを目標として診断と適応の決定から治療までを迅速に行えるように取り組みを開始し、t-PA治療に対する現場の意識が更に高まったことが投与件数増加の要因の一つだと考えています。

また、当院は2017年2月に脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)の患者さんを搬送直後より脳卒中の専門医と専門医療スタッフがチームを組み、24時間365日対応できる滋賀県下最大規模の「SCU(stroke care unit;脳卒中ケアユニット)」を開設し、脳卒中の患者さんが増加傾向にあります。

今後も超急性期脳梗塞患者さんの治療を積極的に行い、地域における急性期病院の機能を果たしていきます。