診療科・部門

安全管理室

安全で質の高い医療のためのしくみを紹介します

医療技術は日進月歩ですが、検査や治療が身体に有害な側面を少なからず持っており、しばしば危険と隣り合わせとなります。しかも患者さんの体質は様々で、体力が低下していることも多いため、必ず最良の結果が得られるとは限りません。だからこそ、患者さんと医療従事者の信頼関係のもとに、お互いの情報が共有され、安全を最優先に考えて周到な準備を行い、よい結果が得られるようにしたいと考えています。

 

室長  中村 隆志