診療科・部門

臨床検査科

高い精度を維持し、24時間対応します

臨床検査とは、患者さまの身体の状態を知るため、採取された血液や尿の検査を行う検体検査や、実際に患者さんの体に触れ検査する超音波などを行う生理検査、輸血検査、組織の癌細胞を検査する病理検査などの部署に分かれています。各部署には専門の認定技師がおり、より精度の高い検査を行っています。また、緊急検査に関しては24時間365日対応しています。

 

 

共用基準範囲の採用についてのお知らせ

令和3年4月1日より、検体(血液)検査のうち、国内標準化が達成された 40 項目を対象に、日本全国の 一定の基準を満たした 医療機関で共通して使用することが可能な「共用基準範囲」を採用しました 。この「共用基準範囲」は、国内の多くの施設で採用が進められており、採用施設ではどこで検査しても同じ基準値で判定されることになります。