診療科・部門

臨床検査センター

検査の対象は“人” 正確性と迅速性、そして人へのあたたかみを追求しています

医療の黎明期ならいざ知らず、現代の高度医療は医師の力のみで提供できるわけではありません。高度に発達し、専門分化した医療機器、テクノロジーの数々。私たちは、これら最先端の検査知識・技術を理解し、そしてそれを駆使することで、検査の側面から臨床の現場を支えています。

 

正確な検査結果を迅速に主治医へ報告すること、同時に、検査対象はモノではなく人であることを常に意識すること。検査結果の数字だけを追うのではなく、背景にある病態を考え、また直接患者さんに接する機会には、病気と闘う人への敬意を常に忘れないこと。臨床検査技師であるかぎり、常に学び続けること。普段は臨床検査センターという外来や病棟からは隔離された所で働いている私たちですが、このような覚悟とプライドをもって日々励んでいます。

 

臨床検査センター長  牧石 徹也