診療科・部門

神経内科

脳梗塞、片頭痛、てんかん、認知症など脳・神経・筋肉の病気を深くかつ幅広く診ています

神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。体を動かしたり、感じたりする事や、考えたり覚えたりすることが上手にできなくなったときに、神経内科の病気を疑います。症状としては、うまく力が入らない、歩き難い、ふらつく、突っぱる、ひきつけ、むせ、しゃべり難い、物が二重にみえる、頭痛、勝手に手足や体が動いてしまう、物忘れ、意識障害などたくさんあります(心当たりの症状がある方は、「主にこんな症状の方を診察しています」欄を御参照ください。もちろん、すべてが神経内科の病気が原因とは限りません.骨や関節の病気がしびれや麻痺の原因なら整形外科に、手術などが必要なときは脳神経外科に、精神的なものは精神科などにご紹介します。どの診療科に受診するのが一番ふさわしいか、わからない場合は前もって問い合わせて頂いても結構です。

当院は、受診科の相談について専門の担当者が対応しています。

 

部長  藤井 明弘

医師紹介

藤井 明弘(フジイ アキヒロ)

部長
平成8年卒

専門分野 神経内科全般
専門医・認定医・資格 医学博士
日本内科学会 総合内科専門医・認定内科医・指導医   
日本神経学会 指導医・神経内科専門医
日本脳卒中学会 脳卒中専門医
日本頭痛学会 専門医
滋賀県認知症相談医 
所属学会 日本内科学会
日本神経学会 
日本脳卒中学会
日本頭痛学会

田邑 愛子(タムラ アイコ)

 

副部長
平成16年卒

専門分野 神経内科全般
専門医・認定医・資格 日本内科学会 総合内科専門医             
日本神経学会 神経内科専門医
日本脳卒中学会 脳卒中専門医
所属学会 日本神経学会
日本脳卒中学会

武澤 秀理(タケザワ ヒデサト)

副部長
平成17年卒

専門分野 脳神経血管内治療
脳梗塞の急性期治療
専門医・認定医・資格

日本内科学会 認定内科医
日本神経学会 神経内科専門医
日本脳卒中学会 脳卒中専門医
日本脳神経血管内治療学会 専門医

「液体塞栓物質を用いた塞栓術実施基準」にもとづく実施医

所属学会 日本内科学会
日本神経学会
日本脳卒中学会
日本脳神経血管内治療学会
日本心血管脳卒中学会


 

診療実績

  • 入院患者疾病別内訳の推移
 主病名平成26年(1~12月)  平成27年(1~12月)平成28年(1~12月)
脳血管障害 261 280 285
 脳梗塞 223 248 242
 TIA 36 28 24
 その他 2 4 19
神経感染症(髄膜炎・脳炎など)、脳症 21 17 20
てんかん 41 49 46
末梢神経疾患(GBS,CIDPなど) 9 12 17
免疫関連性中枢神経疾患(MS,ADEMなど) 5 5 6
変性疾患 15 21 20
 パーキンソン病 6 5 2
 他のパーキンソニズム(PSP.CBDなど) 3 2 3
 筋萎縮性側索硬化症 2 4 6
 多系統萎縮症 1 3 3
 脊髄小脳変性症(MSA除く) 0 0 1
 不随意運動疾患(舞踏病など) 0 2 4
 その他の変性疾患 3 5 1
内科疾患、代謝性疾患に伴う神経障害 4 6 5
筋疾患(筋炎など) 3 2 1
腫瘍 3 0 1
認知症性疾患 0 0 1
中毒性疾患 2 0 3
その他 62 87 79
 失神・意識障害 7 6 4
 一過性全健忘 5 7 10
 頭痛 2 3 2
 脊髄炎、脊髄梗塞 3 0 3
 頚椎症など整形外科疾患 4 6 5
 心因反応 1 4 7
 めまい症 3 2 1
 肺炎など感染症 14 20 32
 その他 23 39 15
 総計(人) 426 479 484
  • 県内主要病院の神経内科領域疾患入院実績

 DPCデータ比較 滋賀県患者数 神経系-神経内科領域(平成27年度)