診療科・部門

リハビリテーション科

退院後の生活の自立をめざします

当院では、入院では多種多様な疾患を対象にリハビリを行っています。主な疾患だけでも脳卒中、骨折はもちろんのこと、肺炎、心不全、消化器疾患、血液疾患などの内科疾患、外科の術後、癌疾患等々です。

 

当院では脳卒中の発症間もない時期はSCUと呼ばれる病床で、集中的な治療と同時に、病棟専属の理学、作業療法士による早期からの集中的なリハビリをうけてもらっています。最終的に状態の評価を行い、本人と家族と相談の上、生活が自立できれば自宅へ退院、それ以外の方は、長期的にリハビリを継続していただくために回復期リハビリ病院へ転院してもらっています。

 

高齢化社会に伴い入院患者も高齢化し、肺炎、心不全、消化器疾患等の内科疾患の患者も早期よりリハビリを行い、病気は治ったけれど歩けなくなったようなことがないようにリハビリを行っています。

 

がん患者に対するリハビリも行っています。状態のいい方でも早期より開始し、治療と平行して長期的にリハビリが関わり、日常生活の維持あるいは社会生活の維持をめざします。

 

部長  山本 和明

医師紹介

山本 和明(ヤマモト カズアキ)

部長 兼 リハビリテーションセンター長
昭和59年卒

専門分野 リハビリテーション全般
専門医・認定医・資格 日本脳神経外科学会 専門医
所属学会 日本脳神経外科学会