診療科・部門

病理診断科

気軽にお立ち寄りいただける病理を目指しています

多くのみなさんは病理に硬いイメージをお持ちで、時には「病理は行きにくい」、「病理は敷居が高い」などの声も耳にします。

しかしながら、当科に関しては全く心配ご無用です。当科は、みなさんに気軽にお立ち寄りいただける、そんな病理診断科を目指しています。

 

日常診療でお困りのことについての相談、病理を含めたカンファレンスの立ち上げ、学会発表のお手伝いなど、私たちがみなさんの何かのお役に立てることがあるかも知れません。どうぞ、遠慮なく病理診断センターにお立ち寄りください。

 

なお、開業医の先生方や院外で医療に従事される方につきましても、可能な限り対応させていただきますので、ご入り用の際には病理診断センターへご相談ください。

後期臨床研修プログラムについて(病理診断科)

  • 対象

前期研修2年を終了した若手医師を対象とします

  • プログラム

滋賀医科大学病理診断科専門研修プログラム

 

  • 一般目標

日本病理学会認定及び日本専門医機構認定病理専門医取得を一般目標としていますが、希望があれば日本臨床細胞学会認定細胞診専門医取得も可能です(詳細は日本病理学会HP日本臨床細胞学会HPへ)

 

  • 個別目標
  1. 病理組織診断ができる
  2. 細胞診断ができる
  3. 術中迅速診断ができる
  4. 病理解剖ができる(死体解剖資格を取得する)
  5. 病理解剖学的診断ができる
  6. 研究会や病理解剖症例検討会(CPC)で適切な病理解説・ディスカッションができる
  7. 学会で症例報告や研究に関する発表・ディスカッションができる
  8. 症例報告や研究に関する論文を執筆することができる
  9. コメディカル・学生に対して適切な指導・教育ができる
  10. 臨床医に対して適切なアドヴァイスができる
  • 科の特色

基本的に、病理医が直接患者さんに接することは少ないですが、多くの疾患で確定診断とされる病理診断を行うことで、臨床医学において大きな役割を果たしているといえます。このように重要視される病理医ですが、現在、諸事情による医師の不適正配置もあるのでしょうか、滋賀県でも不足しており、地域の拠点病院にすら常勤病理医が行き渡っていないのが現状です。幸い、当院では病理専門医と細胞診専門医の両方を持った2名を含む3名の常勤病理医が勤務しており、後期研修には最適な環境が用意されているといえます。病理(診断)学を専攻し、済生会滋賀県病院とともに、少しでも滋賀県全体の医療に貢献しようという、熱いハートを強い意志で包んだ先生方をお待ちしています。なお、病理(診断)学を専攻されることによって、家庭と専門職の両方の充実を望みうることも付け加えさせていただきます

 

  • その他
  1. 病理(診断)学を専攻される先生には、可能な限り医学博士号取得をお勧めしています
  2. その際、研究は滋賀医科大学・国立がん研究センターなどと連携して行います
  3. 後期研修の詳細については、病理診断科まで直接お問い合わせ下さい。見学・面談も歓迎します

連携関連大学診療科
滋賀医科大学病理学講座(分子診断病理学部門)
滋賀医科大学臨床検査医学講座(附属病院病理診断科) 

 

関連情報

患者さんのご紹介について

臨床研修