診療科・部門

病理診断科

病理診断科とは

患者さんが病院に来られると、適切な治療の為に適切な診断が必要になります。
その中で病理診断はしばしば確定診断となり得ますが、その病理診断を専門とする医師が病理医です。

病理診断科は臨床の一部門であり、病理診断センターの中核を担っています。

 

 

当科の特徴

各臨床科と密に連携し、当院の掲げる「安全で質の高い医療の提供と心温まるサービス」を全面サポートしています

  • 当院では複数の病理医がいますが、皆さんの前にはほとんど姿を現しません。しかしながら、日常の業務は「迅速かつ丁寧」をモットーに、技師とのチームプレイで取り組んでいます。
  • 非典型的な症例などについては、滋賀医科大学や日本病理学会との密な連携で対応し、より質の高い診断を臨床医と患者さんに提供しています。
  • 逆に、常勤病理医のいない他の地域の中核病院(公立甲賀病院・国立病院機構東近江医療センター・JCHO滋賀病院・野洲病院・湖東記念病院・ヴォーリス記念病院など)の病理診断について、遠隔病理診断ネットワーク(いわゆる「テレパソ」)や衛生検査所などを用いてお助けしています。
  • 病理解剖を行うことで、当院の質の高い医療を担保しています。
  • 他院紹介の際には、病理診断書だけでなく病理標本の貸出もお奨めしています。
  • 病理診断についてさらに詳しい話をお聞きになりたい場合には、臨床科を通じてわかりやすくご説明いたします。