診療科・部門

心臓血管外科

当科では腹部大動脈瘤、末梢血管疾患の治療に力を入れています

当科では、虚血性心疾患や弁膜症、不整脈、心筋症といった心疾患と大動脈瘤、大動脈解離、閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤といった血管疾患全般の治療を行っています。治療にあたっては、循環器内科の先生方とハートチームとして適宜カンファレンスを行い、治療方針を決定しています。当科のみでは対応困難な場合は、滋賀医科大学附属病院の心臓血管外科へも紹介しています。

 

また、腹部大動脈以遠の末梢血管を中心に手術治療も行っています。腹部大動脈瘤の治療に関しては、従来の開腹人工血管置換術(Y graft, I graft)はもちろん、最新のX線Cアームを導入し、手術室で正確なステントグラフト内挿術(EVAR)ができる体制を整えています。また、下肢静脈瘤に対しては、局所麻酔・膨潤麻酔(TLA)をもちいて血管内焼灼術を積極的に行っています。

 

開業医の先生からのご紹介に関しては、いつでも対応させていただきます。何か循環器疾患でお困りの患者さんがいらっしゃれば、どんな些細なことでも構いませんのでご紹介ください。

 

 

主に以下のような検査・治療を行っています

  • 腹部大動脈瘤に対する開腹人工血管置換術(Y graft, I graft)
  • 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術(EVAR)
  • 腸骨動脈瘤に対する開腹人工血管置換術
  • 腸骨動脈瘤に対する内腸骨動脈塞栓術・ステントグラフト内挿術
  • 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術(RFA)
  • 下肢静脈瘤に対する高位結紮術、不全穿通枝結紮術
  • 下肢静脈瘤に対するフォーム硬化療法
  • 閉塞性動脈硬化症に対するバイパス術(F-F bypass, F-P bypass, Ax-F bypassなど)
  • 閉塞性動脈硬化症に対する血管内膜摘除

 

関連情報(ページリンク)