診療科・部門

形成外科

当科では、急性/慢性の創傷の治療、皮膚腫瘍の外科的治療を中心に行っております

当科では体表面の創傷、その治癒後の瘢痕、腫瘍、などの疾患の外科的治療を主に行っております。その他にも顔面骨骨折、熱傷、外表先天奇形なども取り扱っております。手術加療や入院加療が必要な患者様がおられましたら。ぜひご紹介ください。
また、なかなか治らない創傷である褥瘡や難治性足潰瘍についても、その原因検索から治療まで診させていただくことが可能です。入院ではもちろん外来通院でも“陰圧閉鎖療法”などの先端治療も可能ですので、対象となる患者様がおられましたら、ご紹介いただけましたら幸いです。

主に以下のような検査・治療を行っています

  • 外来手術

皮膚・皮下腫瘍の切除、瘢痕の形成手術などを行っております。

  • 入院手術

当院は3時救命救急病院であり、交通事故や労務災害などによる外傷の患者様が多く搬入されます。形成外科ではそのような患者様のうち、軟部組織損傷や顔面骨骨折といった外傷について診療しております。また乳がんなどの悪性腫瘍切除後の組織再建など、他科と連携した診療を行っております。

 

関連情報

患者さんのご紹介について

臨床研修