診療科・部門

総合内科

総合医の役割、病院そして地域にて

当科では診断のついていない症状や、検診等でみつかる健康問題を有する成人患者さんの診療を行っています。特に原因臓器や紹介先診療科が特定できない患者さんは、当科にご紹介ください。

 

ほとんどの外来疾患は病歴で診断できることから、特に医療面接に重点を置いた診療を行っています。特定の臓器に限定せず、心理・社会的な問題も含めた包括的な切り口での診療を心がけています。また、必要に応じて1人の患者さんに複数の専門医が関わるように、専門外来にも受診を頂いております。

 

後期臨床研修プログラムについて(総合診療内科)

  • 対象

前期臨床研修医制度修了者または修了予定者で、

  1. 内科系専門各分野の各プログラムの以前に、内科医としての能力を習得したい者
  2. 内科系希望だが、その後の進路が未定で幅広く習得したい者
  3. 将来、総合診療医、救急医として活躍したい者
  • 期間

1年間(ただし引き続き、総合内科医として研修継続も可能)

 

  • 一般目標
  1. 内科および周辺領域の疾患・症候の救急初期診療ができる
  2. 内科学を幅広く理解し、頻度の高い疾病・症候の診断と治療が独力でできる
  3. 慢性疾患や高齢者の継続的な医療の管理ができる
  4. 専門科、コメディカル、他施設と連携し、主治医として患者中心の医療ができる
  • 個別目標
  1. 身体・心理社会モデルに基づいた医療面接法ができ、内科的な全身診察手技に習熟する
  2. 内科系救急疾患の診断と初療、総合内科外来での診療が独力でできる
  3. 診療計画を立て適切に指示を出せ、クリニカルパスを利用できる
  4. 単純X線、全身CT・MRI、超音波検査の基本的な読影ができる
  5. 生活習慣病、感染症、脳卒中などのcommon diseaseの診断・管理が独力でできる
  6. ICUにおける呼吸・循環管理が指導医のもとで実施できる
  7. 適宜、専門科にコンサルトや紹介ができ、地域診療所とも適切に連携できる
  8. 前期臨床研修医の指導ができる
  9. 日本内科学会認定内科医の受験資格を取得できる
  10. 日本内科学会総合内科専門医の受験資格を取得できる
  • 科の特色
  1. 年間を通じて総合内科と救急集中治療科の診療に従事する。平行して、3ヵ月前後で内科系各分野をローテイトする。初期研修で経験不十分の分野と後期研修2年目以降の準備の視点で選択する
  2. ローテイトで選択できる内科系専門科は消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、血液内科、腎臓内科、健康管理センターとし、感染症、アレルギー、中毒、神経、内分泌代謝疾患は総合内科と救急集中治療科で経験する(各分野の個別目標pdf
  3. 放射線画像診断、超音波診断、病理診断の研修についても相談に応じる。 総合診療医、家庭医を目指す者は2年目以降にその他の診療科(小児科、皮膚科、泌尿器科、整形外科など)の研修について相談に応じる

 

関連情報

患者さんのご紹介について

臨床研修