診療科・部門

疼痛(ペインクリニック)・緩和ケア科

当科では、ペインクリニック、緩和ケア両方の診療を行っています。

当科は、痛みを持った患者さんが日常生活を送れるよう痛みを軽減・緩和することを目的とした専門的な治療科です。

 

ペインクリニックでは、三叉神経痛や筋緊張性頭痛、筋骨格系の痛みや、保存的にみられている椎間板へルニアなどの整形外科的疾患、帯状疱疹後神経痛、術後創部痛などの幅広い痛みを、内服治療とブロック治療を組み合わせて治療しています。

 

また、緩和ケアでは、“がんと診断された時から”、つまり“早期からの緩和ケア”の導入を目指しており、がん性疼痛やがん治療に伴う痛み、その他の症状緩和についても診療しています。ペインクリニックのブロック手技を緩和ケアの分野(がん性疼痛)でも施行していることが特徴です。また、在宅での緩和医療についても在宅ケアと積極的に連携を進めており、必要に応じて直接電話で情報共有しております

 

開業医の先生からのご要望により、開業医の先生に引き継がせていただく場合や、医療麻薬の導入やタイトレーションが必要な場合のみ当科外来で薬剤調整させていただくこともありますし、ブロック治療のみ当科でさせていただく場合もあります。お気軽に声をかけてください。

 

関連情報

患者さんのご紹介について

臨床研修